婚活ビジネスの市場と現状

お試し開業
お試し開業

今後も右肩上がりで成長していく婚活ビジネス

未婚者が多い、要因はいろいろありますが、結婚へのハードルが高い、経済の不安、しきたり、家庭環境、ライフスタイルの変化、価値観の多様化、結婚の意義が見いだせない、希望の相手にめぐり会えない、等など 下記グラフでも分かるように30代前半男性50%、女性35% 30代後半男性37%、女性24% 40代前半約20%の人が、未婚です。
また、生涯未婚率においては、2000年から10年で2倍に増加しており、晩婚化・非婚化が一般的になっています。今後このまま未婚率が上昇し続けると2030年には、3人1人が未婚者となります。

年齢別未婚率の推移

サービス利用経験者数の推計

一方、20代独身者の結婚意欲は、10年前よりあがっています。

平成27年版「少子化社会対策白書」では、未婚男女の約6割が「欲しい」、約4割が「欲しくない」と回答。
最も多かったのは「そもそも出会いの場がない」(55・5%)
続いて「自分は魅力がないのではと思う」(34・2%)、「自分が恋愛感情を抱けるか不安」(20・5%)、「気になる人にどう声をかけていいかわからない」(20・0%)

結婚相談所の市場規模は約600億円(年間)

  • •市場規模:約500~600億円/年間
  • •事業者数:約3,700~3,900社→約7割が個人経営
  • •会員数:約60万人→男女比は6:4。

資料:経済産業省「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」(平成18年5月)

結婚情報サービスの利用者数

20歳〜50歳での独身者は、約2000万人!そのうち結婚情報サービスの利用者数は60万人です。 独身者のうち96.3%もの人が結婚情報サービスを利用していないこととなります。

この96.7%が大手結婚相談所も取り込めていない市場! これだけの未婚者がまだまだ結婚相談所を利用していないことを考えると、今から婚活ビジネスを立ち上げても決して遅い訳ではありません! 婚活ビジネス起業後は、この96.7%の市場をいかに獲得していくかが課題となります。

また 結婚相談所でのお見合い、婚活パーティー、ネット婚活、街コンなど、婚活サービスが多様化して来ており、独身者が婚活をする上で、婚活スタイルの選択肢が多くなっているのも事実です。 

婚活スタイルが多様化しても、結婚への一番の近道は結婚相談所

結婚相談所の登録者数は年々増加傾向にあります。 これは従来の結婚相談所へのイメージである、「結婚できない人が利用している」「結婚相談所で婚活するのは恥ずかしい」などが払拭されつつある証明です。

結婚相談所に登録している人は「結婚」したい人しか登録おらず、結婚までの時間が短縮できるなどのメリットがあります。特に妊娠・出産を考えている女性にとっては1年という時間はとても大切です。

「1年付き合ったけど結婚してくれない」「いざ結婚をしようと思ったら家柄の関係で親に反対された」などが、結婚相談所では事前にお相手の詳細なプロフィールが分かるためミスマッチが少なく、早く結婚したい人にとっては無駄なお金と時間を使わないで結婚を前提としたお付き合いを希望する異性と出会えるメリットがあります。

そして結婚層相談所で婚活する最大のメリットは、他の婚活とは違い「お相手の気持ちを確認」しながらプロポーズまで行けることです。「自分のことどう思っているんだろう?」「告白しても大丈夫かな?」など、恋愛をする上で1番心配になる部分を結婚相談所がサポートしてくれます。言い方を変えれば出来レースで結婚まで行けることになります。この「安心」を得ることができるのは個人の結婚相談所しかありません。

婚活ビジネスの分類

結婚相談所・仲人型

一人ひとりに担当カウンセラーが付いて、身だしなみやコミュニケーション力、お相手選び、お見合い・交際中のアドバイスをしながら成婚までをサポートします。 登録する会員は、独身証明書など入会時に提出書類が義務づけられているため会員情報の信頼性は高くなります。会員数は連盟や協会に所属している結婚相談所が多く数万名単位(データベース共有型)となります。

売上は成果報酬型となるため、いかに自会員を成婚させられるかが重要ですが、最近では恋愛経験が少ない方向けに学校のような形式を取り、月会費メインにする結婚相談所も増えています。自会員が成婚や退会した場合、会員数が減るため、常に新規会員獲得をしなければ経営が成り立たない。
イベント型

婚活パーティー、合コン、街コンなどの企画がメインとなります。参加人数も男女10対10〜100対100まで、大小様々です。また婚活パーティーの内容も様々です。 参加者は必要な提出書類もないため、気軽に参加する事が可能です。婚活の入り口として街コンや婚活パーティーから参加することから始める方が多いです。

参入が容易で、売上は参加費(都度)のみとなります。事業化するには、安定した集客が必要であり、新規獲得のため常に広告に力を入れる必要があり、また会場の確保、男女比・年齢比の調整も重要な業務となります。
データマッチング型・インターネット型

その名の通り、情報を提供するサービスを行っています。情報を提供するというサービスなので、担当アドバイザーのアドバイスなど、過度な干渉はありません。 結婚相談所・仲人型で開業して、情報提供だけを行うケースもあります。

自社のみで行う場合、登録会員数を数万単位が必要です。システム構築や店舗なども必要なため、開業時には初期投資、ランニングコスト、広告費など、それなりの費用を確保する必要があります。

交際を望んでいない理由は「恋愛が面倒」が最多

20代未婚男性の53.3%、20代未婚女性の34%、30代未婚男性の38% 、30代未婚女性の25.7%が、交際経験なしと回答しています。

資料:内閣府「平成26年度 結婚・家族形成に関する意識調査」、国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」

お見合い後の初デートで70%がお断り。

交際経験がないため、いざ「結婚したい」と思ったとしても、異性との接し方(口説き方や会話)、デートスポットの探し方、デートでの服装など、どうしていいのか分からないというのが現状です。

今後の婚活ビジネスは従来の『出会いの提供』だけではなく、恋愛・婚活に悩む男女にアドバイスやサポートをするような教育型のサービスも必要になってきます。

個別相談会へ
ページのトップへ
クリックでお電話できます