TOP >  結婚相談所運営サポート!スタッフブログ > 結婚相談所が未経験の方でも安心!どの連盟も教えてくれない面談のコツをご紹介!

結婚相談所が未経験の方でも安心!どの連盟も教えてくれない面談のコツをご紹介!

チャンスを逃してはいけない!

fee07f05720094bf1b3bc9c40a6fc0f6_sまだ開業したばかり面談することに慣れていないと不安ですよね。
出来れば入会につなげたいし、変な気合とともに緊張も襲って来ます。

大手結婚相談所のように、毎月10件も20件も新規のお問い合わせが来るなら「次があるからいいや」と思えますが、実際には月に1件、問い合わせが来るか来ないかぐらいの状態です。

少ない問い合わせや面談を新規会員獲得につなげなければなりません!

そこで!
せっかくのチャンスを逃さないように、面談が得意な仲人さんのノウハウをお伝えしたいと思います。
ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

目次

1.初回面談時のNGトーク集

2.営業トークの4つのコツ

3.最後の背中押し!

4.まとめ

 

1.初回面談時のNGトーク集

まずは新規会員との面談時に絶対に言ってはいけないトークをご紹介します。
・相手の意見に対して、否定しない。
・説明、説得を多くしない。

上記2つは絶対にしては行けません。

 

・相手の意見に対して、否定しない

誰しも自分のことを否定されることやアドバイスを言われることは嫌います。
結婚相談所でよくある面談事例が、結婚相手への希望条件を聞いた時に「無理」「難しい」と言ってしまう事です。

40代の男性が子供が欲しく20代の女性を希望するなど、実際には現実的ではなくお見合いを組むことすら難しいです。しかし面談の時に「無理」「難しい」と言ってしまうと入会にはつながりません!

また、婚活業界のデータを見せて説教することもNGです。まずはぐっと意見を我慢して話し聞くことが重要です。

「そうですか~」、「いいですね~」など共感を入れると良いでしょう。
そして重要な言葉が「大丈夫です!一緒に頑張りましょう」。入会時のコツはこの魔法の言葉を使用することをオススメします。


・説明、説得を多くしない。

最近では、インターネットの普及とともに情報が溢れています。どのサイトを見ても広告ばかりなのをあなたも経験したことがあるのではないでしょうか。

消費者は、日常から売り込まれている状態になっているため、人は売り込まれることをとても嫌います。

「売り込む」とは、面談の時、質問されていない内容を一方的に話してしまうことです。
特に「説明」「説得」は売り込みになりやすく相手はとても嫌がります。

あなたも興味のないことを一方的に話されると嫌な気分になると思います。業者の立場になってしまうと忘れがちですが、相手も同じことを思っています。極端な話、質問されていない内容は一切に説明しないぐらいでもいいですよ。

 

2.営業トークの4つのコツ

・ほめる

言葉の通り、相手を良い所を見つけて、積極的に褒めてあげましょう。人は相手のダメな部分にはよく目についてしまいますが、良い所は意識しないと目に入って来ません。相手の良い所を探す努力をしましょう。

婚活する人たちがよく言葉にするのが「自分に自信がない」です。だからこそ、ほめることであなたことを信頼してくれます。

 

・尋ねる

相手にたくさん会話をさせることを意識しましょう。相手7:仲人3ぐらいの割合で会話すると良いでしょう。相手が喋ってくれることにより、相手から様々な情報を聞き出すことが出来ます。

相手にたくさん喋ってもらいたい時は、5W1Hで質問をすると相手は喋ってくれやすくなります。

5W1Hとは:「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」

 

・現状の確認

現在の婚活状況や過去の婚活状況を分析してみましょう。分析することにより、どこでつまずいているのかなど、現状の悩みや上手く行っていないヒントが出てきます。

 

・夢の盛り上げ

結婚の素晴らしさや理想の結婚生活、理想の相手とのデートなど、1つ1つを具体的に質問して夢を盛り上げましょう。
「デートがしたい」
仲人「どんなところでデートしたい?」
「〇〇で一緒に服を買いに行きたい」
仲人「どんな服買いに行く?」

夢を盛り上げるのは難しいことではありません。ただ具体的にして行けばいいのです。

面談が得意な仲人さんは、初回面談をホテルのカフェなどで行い、実際にお見合いをしている所を見せてイメージを膨らませたりしています。

 

・人生設計をする

ファイナンシャルプランナーのような凝った人生設計をする必要はありません。コツは結婚までの年数を逆算して考えさせることです。

いつまでに結婚して、いつまでに子供が欲しいのかなど、「いつまでに」どうしたいかを聞いてみましょう。だいたいの方が1~2年以内に「結婚したい」「子供が欲しい」と答えます。人生設計をしてもらうことで最後に「今、婚活始めないと間に合わないよね」という言葉を使うことが出来ます。

この言葉はテクニックとして使うというよりも、会員さんの人生設計が、現実的に考えると「今、行動をおこさないと間に合わない」場合が多いです。だからこそ入会に迷っている人に刺さる言葉になります。

 

3.最後のひと押し!

入会を迷っている人に対して、特に有効なのが「期間限定」のオファー(特典)です。入会を迷っている人に対して、押し売りをすると嫌がられてしまいます。嫌がられずに最後の背中を押す方法は割引などの特典をつけることです。

人はいつでも手に入るモノに対して、なかなか行動をおこそうとしません。

期間限定の特典をつけることで、今、行動をおこさなければいけない理由が作れます。オススメの期限は「明日まで」です。明日以降は正規の価格になるなど、期限を明日までにすると良いでしょ。

結論を先延ばしにしようとする場合、「ちょっと考えます」と言います。そんな時はこの言葉で攻めてみましょう。「何を考えるの?考えても変わらないよ。考えてもいいけど期限は明日までね。それ以降は正規の料金になるから」

 

4.まとめ

結婚相談所側は、入会した後にクレームを言われたくないために、「無理」とか「難しい」など、自分を守る言葉を言ってしまいがちです。気持ちは分かりますが、現実を突き付けてしまうと入会にはつながりません。

まずは入会してもらうことが最優先です。

しかし中には条件が悪く成婚させるのが難しそうと思う方もいます。条件が厳しいからと言って入会を断ってしまうのはもったいないです。少し安くした別のプラン(月会費は無料、その代わりお見合い決まったら〇〇円、成婚が決まったら〇〇円などの成果報酬)を用意してお世話をしてあげるのも1つですし、婚活パーティーなどに誘導するのも良いでしょう。

 

毎日感謝されて副収入を得る!

↓↓↓↓↓↓↓↓

『「ありがとう」と言われる仕事で起業してみませんか?』

 

良縁会に加盟して本当に良かったです。

愛ビリーブ

人の幸せのお手伝いができる素晴らしい仕事です。
良縁会を選んだ理由は「集客サポートが充実している」ことでした。開業当初なんかは、正直、どれだけ心強かったか知れません。
資料請求 資料請求
クリックでお電話できます