TOP >  結婚相談所運営サポート!スタッフブログ > 副業から始めるなら結婚相談所ビジネスがお勧め!その理由を解説!

副業から始めるなら結婚相談所ビジネスがお勧め!その理由を解説!

はじめに

いきなり仕事を辞めて収入が0になるは不安。だけど、いつまでも会社勤めも嫌だし・・・。何か副業から始められる仕事があればいいんだけど。

起業する上で一番不安になるのが、収入ですよね。できれば軌道に乗ってから起業したい。そんな方にオススメなのが結婚相談所ビジネスです。結婚相談所ビジネスは空いた時間で出来てしまうため、現在の本業に支障がないく副業から始められるビジネスになります。

でも、結婚相談所ビジネスって、実際どんなビジネスなの?

そこで!仕組みが良く分からない結婚相談所ビジネスの実態や、なぜ副業に向いているのか、その理由も合わせて解説して行きたいと思います。
副業をお探しの方のご参考になればと思います。

 

目次

1.副業から本業に!結婚相談所が向いている理由

 ・1-1.副業に向いている理由

 ・1-2.副業のデメリット

2.初期投資が回収しやすい!

3.結婚相談所ビジネスで1番重要なのが集客

4.副業から本業へ!本業にするタイミング

5.まとめ

 

1.副業から本業に!結婚相談所が向いている理由

1-1.副業に向いている理由

結婚相談所ビジネスはフランチャイズではないので、経営や営業方法にルールや縛りがありません。結婚相談所の運営方法もご自身で考えることが可能なため、自分のペースで仕事を進めることが出来ます。

会員のお見合いは土日に集中します。昔と違って仲人がお見合いに同席することもないため、お見合い結果の取り次ぎが出来ればOKです。当日、会員が遅刻やお相手と会えないなど、緊急事態が起こったときにすぐ連絡が取れる状態ならば家族と旅行に行くことも出来ます。

新規会員の面談は平日の仕事が終わった後や、土日に面談を入れることも出来ますので本業と両立出来るのも結婚相談所ビジネスの魅力の1つです。会員サポートの相談などは、電話やLINEなどのツールを使って行うことができるため、それほど負担なくサポートすることができます。

また、結婚相談所の連盟に加盟すれば、すでにシステムが構築されていますので、1から費用を掛けてシステムを構築する必要もありませんし、すでに加盟している先輩結婚相談所がいるため、会員を1人獲得できれば他の結婚相談所の会員とお見合いマッチングすることが可能です。

奥さんが承諾してくれれば、平日は奥さんがメインで土日は旦那さんが手伝うというように、夫婦で結婚相談所を始めることも可能です。実際に先輩結婚相談所でも、スタートは奥さんと一緒に副業から始められる方も多くいます。

 

1-2.副業のデメリット

結婚相談所ビジネスが副業に向いているとはいえメリットばかりではありません。少ないながらもデメリットがあります。

会社にバレる可能性があります。最近では「副業OK」の会社も増えて来ましたが、会社の就業規則に「副業禁止」としている会社もあります。

副業をしているとサラリーマン・OLの方も確定申告をしなければなりません。確定申告をすると、住民税の通知が来ますので会社にバレてしまいます。出来れば会社の承諾を得て始めるか、就業規則の確認をして本業に影響が出ないようにした方が良いでしょう。

空いた時間で出来てしまうビジネスとはいえ、単純に労働時間が増えることで体力面(疲労)など、健康管理が難しくなることが考えられます。スケジュール調整など、自分に無理のない範囲で結婚相談所ビジネスを行って下さい。

 

2.初期投資が回収しやすい!

どの連盟に加盟したとしても加盟金が必要になります。初期費用として50~150万円が必要です。どの連盟もロイヤリティが発生しないため、売上は全て結婚相談所の売上となります。そのため加盟時に投資した初期費用が回収しやすく低リスクで始めることが出来ます。

●結婚相談所の売上項目と相場
・入会金:30,000~50,000円
・登録料:10,000~20,000円
・月会費:5,000~10,000円
・お見合い料:5,000~10,000円
・成婚料:100,000~250,000円
どの項目も結婚相談所が独自に価格を設定することが可能です。

 

例えば、売上項目を下記料金に設定したとします。会員1人が1年間在籍して成婚した場合の概算です。
入会金:3万円 登録料:2万円 月会費:5千円 お見合い料:1万円 成婚料:20万円

・入会時 3万円(入会金)+2万円(登録料)
・月会費 60,000円(活動12ヶ月)+240,000円(お見合い24回)
・成婚時 200,000円(成婚料)
・1年間の費用合計 550,000円

会員を成婚までサポートすることにより、新規会員の紹介につながります。会員の成婚が売上や集客につながる仕組みになっています。

結婚相談所は儲かる?結婚相談所の経営は価格設定から始まる!

 

3.結婚相談所ビジネスで1番重要なのが集客

9bf1be0e5a636e360eeb24b79569d47d_s結婚相談所を始めるのに、特別な資格が必要な訳ではありません。「やろう!」と思ったら誰にでも始められる業種です。
簡単ではないのが集客です。

まずは結婚相談所の業務に慣れる必要もあるため、会員数5~10名ぐらいまでは練習だと思って価格を下げてでも入会してもらいましょう。5~10名ぐらい会員をお世話することで、業界のルール、お見合いの流れ、新規面談などを覚えることが出来ます。

また先ほどお伝えしたように、会員が成婚をした場合、成婚者や成婚者の親御さんから新規会員の紹介にもつながります。だからこそお世話にした会員を成婚させましょう。

開業当初だからこそ会員の成婚にこだわる!
結婚相談所の集客に不安ならこれを読め!結婚相談所の集客ノウハウ!

見込み客リストを増やしていくには、婚活パーティーよりも気軽な合コンを開催していくことがオススメです。人数も3対3や4対4など、少人規模の合コンで大丈夫です。合コンは集客もしやすく参加者に友達を誘ってもらえば、それほど苦労しないで集めることができます。現在の人脈を活かすことでたくさんの広告費を掛けなくても「集客できる」仕組みを作ることが可能です。

 

4.副業から本業へ!本業にするタイミング

会員数が30名ぐらいになると、初期費用も回収でき収支も安定して来ます。会員数が30名規模になった時に、結婚相談所を本業にするのか副業で続けるかの選択をすると良いでしょう。どれだけ早くても結婚相談所も会員数が30名になるのに、開業から1~2年はかかっています。

結婚相談所を始めてすぐに結果を求めてしまうと、どうしても焦りが出てしまいます。将来的に結婚相談所を本業にして行くことを考えるならば、1~2年の期間を掛けて会員数を30名前後にして行く計画を立てておくと良いでしょう。またその時期に独自の強みなど、結婚相談所としての基盤を作って行くことが重要です。

 

5.まとめ

いかがでしたか。
結婚相談所ビジネスは、リスクを抑えて始められるため副業と相性が良いです。収入面への焦りが少なくでき、じっくり腰を据えてビジネスを育てて行くことが出来ますよ。経営の知識が必要なく会員への情熱さえあれば成り立つ職業でもありますよ。

 

毎日感謝されて副収入を得る!

↓↓↓↓↓↓↓↓

『「ありがとう」と言われる仕事で起業してみませんか?』

 

良縁会に加盟して本当に良かったです。

愛ビリーブ

人の幸せのお手伝いができる素晴らしい仕事です。
良縁会を選んだ理由は「集客サポートが充実している」ことでした。開業当初なんかは、正直、どれだけ心強かったか知れません。
資料請求 資料請求
クリックでお電話できます