婚活コラム | 婚活について

結婚ラッシュで焦る!幸せな結婚を引き寄せるには?間違った引き寄せに注意!

人生に3回あると言われる結婚ラッシュは、25歳前後、30歳前後、35歳前後と節目の年齢に重なります。

そのため、結婚ラッシュでは焦る気持ちが強まりがちです。

結婚ラッシュで焦る気持ちに正しく対応すれば、幸せな結婚の引き寄せができます。

しかし、その対応を間違えると、幸せな結婚は引き寄せられず、不幸せな結果を引き寄せかねません。

では、後悔しないためには、どうしたら良いのでしょうか?

それぞれの年齢、それぞれの状況で正解は違います。

結婚ラッシュの焦りに正しく対応して、幸せな結婚を引き寄せましょう!

 

1.結婚ラッシュ。幸せな結婚を引き寄せるには?

1-1.自分を追い詰めるより、今を楽しむことが大事!引き寄せに効果的な楽しみ方を知りたい!

結婚したいけど、結婚の予定はない。そんな時に結婚ラッシュが来ると、追い詰められる気持ちになることがあります。

「周りの人たちと違って、自分はダメなんだ・・・」と、ネガティブな気持ちに支配されていると、目の前にチャンスがあっても気づけません。

結婚のタイミングは人によって違うだけなんです。

自分を追い詰めることをやめて、自分を信じて今を楽しみましょう。

では、どうやって楽しむのか?

行ってみたかった場所はありませんか?

やってみたかったけど、行動に移していなかったことはありませんか?

例えば、

一人暮らしをしてみたかった。一人暮らしはやっぱり大変です。でも、その経験は必ず自信になります!

着付けを習ってみたかった。カッコよく着こなせたら、着物で出かけたくなるでしょう!世界が広がりがります!

全国の御朱印をめぐりをしてみたかった。神社仏閣のことを学んで、歴史や特徴などを知って感じて楽しんで、発見とともに、ご利益があるかも知れません!

どんなことでも良いのです。思いつかなければ、いつも楽しそうだなと思う人のマネでも良いでしょう。

ある女性はマラソンを始めました。

走り始めて、続けることでみるみるスタイルが良くなり、悩んでいた肌荒れもなくなり、何よりストレスが解消されて、婚活を始める元気まで出てきたそうです。

今を楽しんでいる女性に、「波」が来ます。

自分から波に乗りに行きましょう!

今を楽しんで、効果的に幸せな結婚を引き寄せましょう!

 

1-2.結婚観を見直すチャンス!結婚は、早くすることより幸せな結婚生活をずっと続けることが大切!

「自分も結婚する時は来る」と信じていても、焦ったり不安になることはあるでしょう。

そんな時は、何年も落ち着いた結婚生活を送っている既婚者(婚活の先輩)に話を聞いてもらうのは一つの方法です。

新婚さんや独身の友達などは、「早く結婚することが大切」という発想になりがちで、焦りが良い方向へ行くのが難しくなることがあります。

しかし、何年も落ち着いた結婚生活を送っている既婚者は、結婚は、早く結婚することより「幸せな結婚生活をずっと続けることが大切」という視点があります。

ずっと続く幸せな結婚生活を現実的にイメージすることが、婚活成功の秘訣です。

どうしても焦ってしまう時は、一度立ち止まって結婚観の見直しをしてみましょう。

また、結婚ラッシュの時に恋人がいれば、自分の気持ちや相手の気持ちを確認するチャンスです。

今の恋人となら幸せな結婚ができるのか?相手に結婚する気はあるのか?いつまでに結婚したいと思っているのか?

結婚ラッシュは自分の状況を見直すチャンスでもあります。

自分の気持ちや状況を整理して、幸せな結婚を引き寄せましょう。

 

1-3.結婚ラッシュは追い風?向かい風?結婚ラッシュは運気上昇のサイン!

結婚ラッシュが来ている。それは、運気上昇のサインです!

幸せエネルギーは強いので、良くも悪くも影響を受けやすいのです。

結婚ラッシュを「強い向かい風だ。飛ばされるもんか。」と力を入れて踏ん張っていてはエネルギーを生かすことはできません。

「追い風が吹いてきた。この風が、自分を良い場所に連れてってくれる。」と、結婚ラッシュを運気上昇のサインと解釈すれば、「追い風」に変わります。

そして、追い風を受けて婚活にベストを尽くすことが大切です。

強いエネルギーを受けやすい結婚ラッシュの期間は、運命が動きやすいのです。

 

2.各年代別、結婚ラッシュ。間違った引き寄せに注意!

2-1.第一次結婚ラッシュ(25歳~27歳頃)

学生時代からのカップルや、もともと結婚願望が強い人がこのタイミングに結婚を決めています。

第一次結婚ラッシュで間違った引き寄せをしてしまう、注意したい結婚願望は次のパターンです。

「仕事を辞めたいから結婚したい」

仕事を辞めたい気持ちもあるけど、仕事とは関係なく結婚がしたい、のであれば問題ないでしょう。

しかし、仕事と結婚を同列に考えて、仕事を辞めたいから結婚と考えるのは非常に危険です。

多くの女性にとって、結婚は仕事以上に大切なものです。

結婚は一生モノです。転職は何度でもできますが、結婚相手を変えることは、人生そのものが変わってしまいます。

「仕事を辞めたい」が理由なら、結婚のタイミングはまだ来ていないということ。

しかし、結婚を真剣に考える良いチャンスではあります。

第一次結婚ラッシュ時の婚活は進めやすいという大きな利点があります。

第一次結婚ラッシュ時の女性は、男性から見て結婚相手としてちょうどいい女性です。

合コンなどの出会いも、まだ多い年齢です。

もっとも人気がある年齢なので結婚相談所では、いわゆる「上昇婚(玉の輿)」が狙いやすい傾向もあります。

しかし、そんな時期は一瞬で過ぎていきます。

身元が不確かな出会いや不誠実な男性に時間を使っている余裕はないということを頭に入れておきましょう。

 

2-2.第二次結婚ラッシュ(29歳~32歳頃)

30代の大台を意識して婚活をしていた人や、出産を意識するカップルが結婚を決めています。

第二次結婚ラッシュで間違った引き寄せをしてしまう、注意したい結婚願望は次のパターンです。

「〇歳で独身は恥ずかしい」

周囲からどう見られるかも気になるけど、それとは関係なく結婚がしたいのであれば問題ないでしょう。

しかし、周囲からどう見られるかを基準にしていると、自分がどんな結婚をしたいのか、自分に合った相手を見失うリスクがあります。

周囲の評価を基準にした相手選びは、幸せな結婚を遠ざけます。

周囲からの評価ではなく、自分がどんな結婚をしたいのか、自分に合った相手はどんな人なのかを意識することが重要です。

第二次結婚ラッシュ時の女性は、趣味などを通じた自然な出会いや合コンなどでは、嫌な思いをすることが格段に増え、出会いがないと感じやすい年齢です。

しかし、結婚相談所での婚活では非常に人気があるのが特徴です。

出会いの形にこだわらず、結婚相談所も使ってチャンスを広げることが大切です。

 

2-3.第三次結婚ラッシュ(35歳~36歳頃)

結婚より仕事や趣味などを優先していたけれど、自分のこれからを考え始めた人や、高齢出産を意識し始めた人が結婚を決めています。

第三次結婚ラッシュ時には、2度の結婚ラッシュを見送っています。この時期の結婚願望は本物です。

第三次結婚ラッシュで注意したいのは、間違った引き寄せよりも、積極性を失ってしまうことです!

どの年代でも言えることですが、待っているだけではいけません。結婚が決まりやすい人は、めげずに自分から積極的に動く人です。

「自分の番が来ている」と信じて積極的に婚活しましょう。

第三次結婚ラッシュ時での婚活は、苦戦することが多くなるでしょう。

「ステキだと思える男性には選んでもらえない・・・」

誰から見てもステキな男性は競争率が高く、第一次結婚ラッシュ時と第二次結婚ラッシュ時の女性が捕まえていきます。

「ステキな男性はみんな結婚している・・・」

結婚しているステキな男性すべてが最初からステキだったわけではありません。

結婚してから、奥様にステキに育てられたケースが多いのです。

この第三次結婚ラッシュ時に婚活をして結婚をする女性は年々増加しています。

平均よりは遅めの結婚というだけで、一生を通してみたら大差はありません。

また、仲の良い友達グループが全員結婚していて、最後に結婚した女性が仲間内で一番幸せな結婚生活を送っているなんてよくあることです。

次は自分の番だと信じて、積極的に婚活をして、結婚ラッシュの波に乗りましょう!

 

この記事を書いた結婚相談所

しあわせの扉

名古屋市緑区小坂2丁目609-4
「出会いがない」を手放して「今までなかった出会い」を掴みませんか?
33歳からの本気の出会い。あなたはどんな結婚生活を送りたいですか?婚活の迷路から抜け出しましょう!あなたが自信を持って結婚への一本道を歩めるようサポートいたします!
友だち追加