婚活疲れを乗り越えて、幸せな結婚をしよう!

婚活で、多くの人が経験する「婚活疲れ」。

男性も女性も、どの年代でも、婚活に疲れる時期があります。

いま幸せな結婚生活を送っているあの人もこの人も、婚活時代に「婚活疲れ」をきっと経験しています。

あなたにとって、幸せな結婚ってどんなものですか?

いつ頃までには結婚したいか目標期限はありますか?

結婚をしている人は、諦めなかった人。

時に婚活に疲れても、息を切らさず、幸せな結婚にたどり着きましょう!

 

目次

1.どんな時に婚活に疲れる?

2.自分の欠点探しをしてはいけない

3.疲れるのは頑張りすぎているから

4.婚活が前進していないと感じたら?

5.婚活は、やめてはいけない!諦めない人が結婚する!

 

1.どんな時に婚活に疲れる?

婚活をしていると、男性女性問わず、年代問わず、ほとんどの人が婚活疲れを経験します。

服装やメイクも気を使ってパーティーに参加したのに誰ともカップルになれなかった…

気合を入れて合コンに参加したのに、また空振り…

悩みに悩んで勇気を振り絞ってお見合いを申し込んだのに、お見合いが成立しなかった…

お見合いで、会った後に断られてしまった…

やっと交際に入ったのに、親しくなる前にたった数回のデートで断られてしまった…

相手に受け入れてもらえなかった、自分を否定されたと感じると、婚活疲れを起こしやすくなります。

 

2.自分の欠点探しをしてはいけない

相手に受け入れてもらえなかった、相手に否定されたと感じると、原因探しを始めてしまうことがあります。

多くの場合が、自分の欠点探しです。そして思い詰めてしまうのです。

自分だけうまく行っていないと思いこんで、負のループに陥らないでください!

誰でも婚活がうまくいかない時期はあります。

婚活疲れは誰でも経験するのです。

あなたに欠点があるから婚活が前に進まないのではありません。

結婚している、していないに関係なく、誰でも欠点はあります。

結婚している人すべてが魅力的ということはないでしょう。

結婚していないから劣るということは決してありません。

結婚している人は、巡り合った縁をタイミング良くつかんだだけなのです。

婚活は縁とタイミングです。

婚活疲れのループに陥っていると、すぐそこに来ているかもしれない縁もタイミングも、気づかず過ぎてしまうかもしれません!

 

3.疲れるのは頑張りすぎているから

婚活疲れは、頑張りすぎが原因になっている場合が多いのです。

婚活疲れの山を越えて、うまく進み始める人には傾向があります。婚活の挑み方を心得始めるのです。

一回一回の出会いを大切にするのは同じです。当然、成果が出なければ気落ちもします。しかし、すぐに立ち直れるようになります。

力の入れ方が変わってくるのです。

パーティーでカップルになれない…パーティーは自分には向かないから、合コンに行ってみよう。

合コンも空振りばかり…お見合いなら相手を探しやすいから、しばらくはお見合いに専念してみよう。

勇気を振り絞って申し込んだお見合いが成立しない…厳選した人だけに申し込むのではなくて、気が合いそうな人や、ちょっとでも話してみたいと思える人にはどんどん申し込んでみよう。まず会ってみることが大切!

申し込まれたお見合いで断られてしまった…申し込んで断っても良いんだ!自分からも、もっと気楽に申し込みをしてみよう!

数回のデートで断られた…お見合いも、デートも数回は突破できた!ここまで来たら後は相性の問題だけ!改めて相性の良い人を探そう!

 

4.婚活が前進していないと感じたら?

送りたい結婚生活をイメージしてみましょう!

お互いがお互いを思い合えて、愛情を感じられる関係でいたい。一緒にいると安心できる関係でいたい。経済的にも健康面でも不安を感じずに、笑顔にあふれた家庭を築きたい。

そういった方が多いのではないでしょうか。

そして、それが現実的な幸せと言えるでしょう。

男性も女性も、相手に求めるものや理想があります。

しかし相手に求める条件が、思い描く現実的な幸せの尺度より厳しすぎないでしょうか?

人気のある異性と結婚するのが幸せではありません。自分に合う異性を探しましょう。

条件にこだわり過ぎず、肩の力を抜いて、いろんな人と、数回は会ってみることが大切です。

そうすることで、確実に婚活がうまく行きはじめますよ。

 

5.婚活は、やめてはいけない!諦めない人が結婚する!

婚活は、そう簡単にはうまく行かなくて当たり前です。疲れて当たり前なのです。

肩の力を抜いて、意気込み過ぎずに続けましょう。

決してあきらめないこと、やめないこと。続けることが、何よりも大切です。

やめてしまうと、出会いは巡ってきません。チャンスは不意に来ます。

次の出会いが、未来のパートナーかもしれません。

期限を決めて婚活をしましょう。

まず一年間。一年間は、とにかくやめない。一年間は、とにかくいろいろな人に会ってみる。一年間は、立ち止まらない。

一年やってみて、どうしても婚活をしたくない。そんな時は、期限を決めてお休みしましょう。

3ヶ月だけ婚活を忘れる。婚活とは関係ない人と、婚活を意識せずに会ってみる。仕事や趣味に没頭する。

婚活中の女子会はオススメできませんが(参考ブログ:「33歳から、あっという間に結婚する女性の心得」4-2.独身女子会)、お休みの期間限定で女性会に出のも良いでしょう。

お休み期間が明けたら、本気の婚活を再開しましょう。

 

6.まとめ

婚活は疲れます。婚活をしているほとんどの人が、婚活疲れを経験します。

それでも、みなさん婚活疲れを乗り越えて、結婚にたどり着くのです。

婚活中に出会う人は、みんな婚活を頑張っています。婚活疲れと闘いながら、諦めないで頑張っています。

みんな苦しい中、パーティーに参加してみたり、頑張ってお見合いを申し込んだり、時間を作って活動しています。

繋がるご縁も、繋がらないご縁も、相手に対して感謝の気持ちで婚活をしていくと、これまでより少し楽な気持ちで進められるかもしれませんよ。

 

この記事を書いた結婚相談所

しあわせの扉

名古屋市緑区小坂2丁目609-4
「出会いがない」を手放して「今までなかった出会い」を掴みませんか?
33歳からの本気の出会い。あなたはどんな結婚生活を送りたいですか?婚活の迷路から抜け出しましょう!あなたが自信を持って結婚への一本道を歩めるようサポートいたします!
友だち追加