婚活コラム | 婚活について

人見知りでも婚活はうまくいく! ココを変えれば印象が変わる!

人見知りが激しくて、感じが悪いといつも思われてしまう。

どうしても、にこやかにできない。

せっかく話しかけられても、ぎこちない返事しかできない。

なかなか打ち解けられない。

合コンや婚活パーティーなんて、ストレスでしかない。

人見知りが原因で婚活が憂鬱。

限られた時間で異性と親しくなって前に進まなければならない婚活は、

人と打ち解けるのに時間のかかる人見知りさんにとってはとても大変に感じられるでしょう。

しかし、人見知りを克服しないと結婚できないわけではありません。

じゃあ、どうすればうまくいくのでしょうか?

 

1.会話ができれば初対面が怖くない!じゃあ、どんな会話をすれば良いの?

初対面に大きなストレスを感じませんか?

職場や学生時代の同級生などの親しい間柄でもない異性と、婚活では話さなければなりません。

話が続かなかったらどうしよう・・・。

うまく喋れないと嫌われるような気がする・・・

出会いとは、初対面の繰り返しです。初対面なくして出会いはありません。

人見知りじゃない人だって、緊張することはあります。

しかし、初対面が怖くありません。

人見知りじゃない人は、どんな会話をしているのでしょうか?

「外はすごい雨ですね。来るときに濡れませんでしたか?」

と、天気の話題から入ってみたり、

「この周辺は素敵なカフェが多いんですね。地元じゃないんで、ココに来るまで知りませんでした。」

と、自己紹介を意識して会話を広げたり、ちょっとしたキッカケを作ります。

それでも、会話が続かないこともあります。

そんな時、人見知りじゃない人は、「あー疲れた」とは思っても、自分のせいだとは思いません。

話が続かないなんてよくあることだからです。

いつでも誰とでも話が弾むなんて、ないんです。

どうしても会話に不安があるのなら、自己紹介の段階で「人見知りなので、とても緊張しています」と言ってしまっても良いでしょう。

不要な誤解を招くこともなく、あなたを知って貰うのにも有効です。

 

2.気持ちが少し楽になる!意識を相手に向けるって、どういうこと?

いつも「恥ずかしい」「変に思われたくない」ということばかりを考えてしまって、人と会うことを楽しめない。

緊張しているだけなのに、不機嫌な人と勘違いされてしまいがち。

意識が自分に向いていると、ますます緊張するし、ますます余裕がなくなります。

そして、自分にばかり意識が向いていると、せっかく出会っても次につながっていきません。

恥ずかしいと感じることは、悪いことではありません。

変に思うかどうかは、自分ではなく相手が決めることです。

意識を相手に向けましょう。

「相手も緊張しているかもしれない」

「この人はどんな話題が好きかな?」

「自分のことも知ってほしい」

相手に意識を向ければ、相手と会話にも広がりが生まれます。

少し余裕が出てくれば、「相手の間合いで話してみよう」と関わり上手にもなってきます。

意識を「自分」ではなく「相手」に向けましょう!

 

3.わかっていたって話せない!

いま自分が話した方が良いタイミングだよね?でも何て?シラケたらどうしよう・・・

あれこれ考えているうちにタイミングを逸してしまった。わかっているのに、また、できなかった・・・

そんなことを繰り返して、自分はダメだと落ち込んでいませんか?

恋愛でも、もっと仲良くなりたいと思っているのに、もどかしい思いをしていませんか?

必要なのは少しの勇気です。

自分に意識が向いていると、勇気がでません。

「あなたと話せて嬉しい」と言ってみましょう。

ぎこちない笑顔を向けてみましょう。

そのぎこちなさが魅力になることだってあります。

もし、うまく行かなかったら…?

次のご縁を探せば良いんです。

経験の先に、成功があります!

 

4.初対面は突破できても・・・2回目も気を使い過ぎてしまう!

二人きりで会うことになったものの、何を話していいのかわからない。

気を使い過ぎてしまう。無言になってしまう。

「相手の気持ちを考えすぎてしまう」人見知りさんも多くいます。

こんなことを言ったら失礼かな?こんな質問は不愉快かな・・・?失礼のないように丁寧な言葉遣いを・・・

気を使い過ぎていると、どうしたら親しくなれるのかわからないまま。

相手への配慮レベルをほんの少し下げて、「あなたに興味があります」という姿勢で、敬語も相手の話し方に合わせて徐々に外してみるといいでしょう。

また、共通点を探してみましょう。

相手の興味は何か?相手はどんな話題が好きなのか?

食べ物の話、子供の頃の話、仕事の話、休日の過ごし方、お互いの趣味など。

話す割合は、相手が7、自分が3で良いんです。

大切なのは、「あなたに興味があります」という姿勢です。

 

5.まとめ

人見知りで、恋愛や婚活に苦手意識を持つ人は多くいます。

しかし、人見知りさんに魅力を感じる人は意外と多いんです。

「実直そうで信用できる」

「純粋そう」

「応援したくなる」

人見知りを「ダメなこと」と決めつけず、相手に人見知りの自分を知ってもらいましょう!

相手に興味がある姿勢を見せていきましょう!

人見知りで苦労をすることはあっても、決して欠点ではありません!

人見知りも魅力になります。

少し肩の力を抜いて、出会いの場に足を運びましょう!

 

この記事を書いた結婚相談所

しあわせの扉

名古屋市緑区小坂2丁目609-4
「出会いがない」を手放して「今までなかった出会い」を掴みませんか?
33歳からの本気の出会い。あなたはどんな結婚生活を送りたいですか?婚活の迷路から抜け出しましょう!あなたが自信を持って結婚への一本道を歩めるようサポートいたします!
友だち追加