理想の相手の見つけ方。その探し方多分間違ってます!

理想の相手がいない!!そんな方必見の方法をお伝えしたいと思います。
結論から言うと、理想の相手はいません。

今現状での理想の相手なら見つかるかもしれません。
しかし、今理想の相手が将来的に理想のまま進んでいくとは限りません。

なので、理想とは違うけど理想のうち半分くらいを持っている相手を自分の理想の相手に導いていくことのほうが重要です。

理想の相手は探して見つかるものではありません。
最初から100点満点の人は周囲に存在しないのです。

むしろ表面的に100点の相手がいたところで、そもそもお付き合いできる可能性はどうでしょうか?また万が一付き合えたとして、中身が全然理想と違う!なんてこともあるでしょう。

だったらこれから存在させる方が早いですし、それに気づいた人が成婚しています。
何を隠そう、私自身がずっと探し方を間違えていたんです。
皆さんにはより早くこのことに気づいていただけたら幸いです。

 

目次

1.探し方が間違っている!

2.理想の相手を描こう

 

1.探し方が間違っている!

1−1.最初から理想の相手を探すと永遠に迷子になる

あなたはどんな人が理想の相手でしょうか?
どのように婚活していますか?
どんな方法で相手を探してますか?
どこかに出会いを求め出かけているのでしょうか?それともじっと理想の相手が来るのを待っていますか?

薄々気づいている方も多いと思いますが、理想の人を最初から追い求めると、永遠に婚活し続けることになります。

理想の相手を探してもどこにもいないし、いたところで既婚者だったり相手がいたり、、
いたと思ってお付き合いしてみるととんでもないわがままだったり性格が合わなかったり、、、

100点満点を求めて探していても、きっと見つからないでしょう。家探しをしたことがありますか?ある方なら誰しもわかるはずです。何かしら理想と違う点がありませんか?

例えば、新築でカウンターキッチンがある広々した3LDK、駅徒歩5分以内で、目の前に緑があって眺めも最高、で家賃が3万円以内がいいな♪と言って探しているようなものですが、見つかるはずないとわかりますよね?なのに何故か婚活ではこのような発言をされる方が多々見られます。

理想を思い描くのは大事なことです。理想がなければ何も始まりません。ただし、理想通りを探そうとすると永遠に見つからないのです。
先ほどの家探しの例で言うと、何かを譲るしかないのはお分かりですね?家賃を上げるか、条件を変えるかしないといけません。

永遠の迷子になる前にもう一度自分の理想を見直すことから始めましょう!

 

1-2.理想は作れる

理想の相手はいないと言いましたが「最初から理想の相手」はいないのであって、後から理想の相手に仕立てることはできます。
顔や身長など物理的に不可能なことはありますが、ファッションセンス、趣味、年収も後から上げることはできます。

私も結婚していますが、出会った当初は理想の相手と全く違っていました。
当時の私の理想は「年収が高く、起業しているかもしくは役職があり、リーダーシップがあって自分を引っ張っていってくれる人。

話がめちゃくちゃ面白く、頭の良い人(さらに見た目もよければ最高。)絶対に犬好きで英語も話せて、、etc」と本当にわがままなことを言っていました(笑)

実は最初今の旦那さんは理想の半分も当てはまっていなかったのです。

今まで理想に近い人と何人かお付き合いしてきましたが、いつも最後に「なんか違うな」と思ってお別れしています。

社長や高収入のエリートの方で、条件はあっていたのですが「収入が高い=仕事が忙しい」人が多く、「リーダーシップがある=モテる」のですれ違うことが多かったのです。でも彼は違いました。

当初遠距離ではありましたが、ちゃんと連絡がとれ、その中で子供好きで優しく、自分を大切にしてくれることで人柄の良さが実感出来たことから結婚に至りました。

収入が高い人が理想と思っていましたが、私の本当の理想は家庭を大事にする優しい人なんだと気づいたきっかけでもあります。

最初は理想の半分くらいで、のこりは後から変えてもらえればOKと言うスタンスでいれば、理想以上の相手に出会えるかもしれませんよ!

 

2.理想の相手を描こう

2-1.理想は高くてもOK

とはいえ、最初から妥協することはありません。
最初に理想やゴール、目標がなければ全ては始まりませんし、ワクワクしないですよね!
ここからは最終的に理想の相手に出会う方法を順に説明していきます。

その第一ステップが、思いっきり空想に浸って「こんな人と結婚できたら素敵⭐︎」を描きます。
ここではもちろん妥協しません。こんな人いないよなあと思ってもいいので理想の相手の条件を紙に書き出します。

さて出来上がりましたか?

そんな人が現れたらベストですよね!もしかしたら本当にいるかもしれないのでもし現れたときにピンとくるはずです。
なのでまずは頭にしっかり理想を思い描いておくことがファーストステップです。

 

2-2. 現状認識しよう

次のステップは、現実的に本当に可能なことを言っているかどうかの認識です。
先ほどの家の例で言うと、全て叶う物件は0です。広さを譲るか、場所を譲るか、家賃を下げなくては現実的に不可能です。
なので、先ほど描いた理想が現実的にどうなのかを見てみましょう。

特に、女性の場合年収の高い男性を求める傾向にあり、男性の場合は容姿の綺麗な女性を求める傾向にありますが、現実とを照らしあせてみましょう。

先日年収1000万円を超える男性希望の女性がいました。しかし現在、日本人の成人男性のうち、年収1000万円以上の人の割合は6%と言われています。

そのうちあなたの理想の年齢で未婚、かつ理想の容姿の方はどのくらいいるでしょうか?想像してみてください。

さて、もし仮にいたとして、その人が自分にアプローチしてくる可能性はどの程度でしょうか?おおよそ、そのような人がいたなら女性は選び放題でしょう。

選ばれる自信があるのであれば、積極的に出会いにいけば良いですし、もしも自信がなければ理想を下げるか、選ばれる女性にならなくてはなりません。

このステップ2では、理想と現実のギャップを冷静に判断し、自分がしなくてはいけないことは何かを導き出します。

男性も同様です。もし理想通りの綺麗で性格も美人な方がいて、自分は選ばれるスペックを持ち合わせているのでしょうか?冷静に分析すると、自分が今やらなくてはならないことが見えてきますよね。

 

2-3.今できることは

さて現実と理想の違いがわかってきたら、理想を再度見直して優先順位をつけましょう!
相手に対して絶対に譲れない条件と、ここは我慢できるもしくは、自分で後から変えていけそうな所に分けます。
優先順位は途中で変わることもありますので、定期的に見直しながら婚活するのが肝です。

そして譲れそうなところは少し幅広めに探してみましょう。もし年収600万円以上が希望なら、将来も見越して500万円くらいから検索しましょう。

そうすると今まで見つけられなかった素敵な人に出会える可能性があります。
そして次に理想の人が現れたら、選んでもらえるような人になりましょう。

ここは並行して自分磨きが必要です。その理想の相手がどんな人を選びそうか、それも考えながら、自分磨きも頑張りましょう。
この二つをすることで、理想の人に近づける可能性がぐっと上がってきますよ⭐︎

 

3.さあもう一度探しに行こう!

さて、いかがでしょうか?100%合致ではなく、後から自分の力で変えていける部分は条件から外して、さらに現実と照らし合わせた時に無茶なことを発言していなかったかも見直します。

自分は選ばれる準備もできたかどうかも見直せたら、再度探しにでかけましょう!
今理想にぴったりな人がいても、本当に理想にぴったりとは限らないのでそれも要注意です。

実は違ったとならないように、優先順位を確認しながら進めましょう。
私も優先度を見直し、変えられない「優しさ」や「自分を大事にしてくれること」などが優先順位の1位だと思い始めた頃に出会いました。

それがわかるまでに随分と長い時間がかかりました。
皆さんには少しでも早く、夢と現実のバランスをとりながら理想の結婚をしていただきたいと思っています。

何かしていてもじっと待っていても同様に時間は刻々と過ぎていきます。
さあいますぐ行動しましょう!!

もっと詳しい方法を知りたい方はお気軽にお問い合わせください♪

 

この記事を書いた結婚相談所

婚活サロンMeguri

愛知県名古屋市中区松原3-6-28 L´Allure松原601
結婚相談所をもっと身近に
自分に合ったスタイルで無理なくお相手探しができるよう、徹底的にカウンセリングを行います。出会いは相談所だけではありません。そこで異性としての魅力を高め、どの角度からもチャンスをつかめるようにサポートしていきます。
友だち追加