短期集中型で結婚を決めるには?レスポンスの早さが大事なわけ!

婚活を始めるからには短期集中で結婚したいですよね!

活動されている方は皆さんがそう思われて婚活をされていると思います。

でも、うまく婚活の流れに乗れないという方はいませんか?

婚活の流れを上手く作りだす為にも、今日のレスポンスの早さの内容は婚活が停滞している方に読んで頂きたい内容です。

短期集中で結婚するために大事なポイントをお教えします。

 

目次

1.お見合いのお返事について

 ・1-2.お返事が遅い場合

 ・1-3.お返事に迷ったら

 ・1-4.交際に進んでも、他の方とも比較しながら進めれます

2.お返事が遅い方は断られることが嫌い

3.レスポンスの早さと、成婚は大きく関係している!

4.レスポンスを早くするには少しのマメさを意識して

5.まとめ、婚活は積極的に動かなければ結果がついてきません。

 

1.お見合いのお返事について

お見合い後、翌日の午前中までにお返事をするルールがあります。

お返事に関しては、交際希望orお見送り(お断り)のどちらかになります。

成婚される方の多い傾向としては、お見合い後は早めにお返事をされる方が、交際もスムーズに進む確率が高くなります。

 

1-2.お返事が遅い場合

お返事は遅い場合は、このようなお気持ちになることもあります。

・お断りで考えているのかな?

・迷っているならお断りしてくれないかな

・合わないと思われたかな?

・優柔不断なタイプなのかな?

・アドバイザーがちゃんと伝えてくれているのかな?

・気に障るようなこと言ってしまったかな…?

など色々と頭の中で考えてしまい、お見合い後の返事が遅いと印象も悪くなったりすることも多いです。

特に女性の方は、あまり時間が経過すると「お返事も遅いしもういいや」とテンションも下がりますので、なるべく男性からお返事は早めにしてほしいところです。

早めにお返事をすることで、女性の方は「もう一度お会いしてみたいな」という気持ちにもなります。

 

1-3.お返事に迷ったら

特に女性の方は、男性の方と比べるといきなり一目惚れするとか、好きという感情が沸き起こってくることはありません。

結婚相手を探す活動ですから、なおさらお見合い後のお返事も慎重になる方が多いです。

お見合いのお返事については、最初から気持ちが高まっているような状態でなくても問題はありません。

その後の交際がとても大事になりますから、男性からのアプローチに対して、女性の気持ちが寄り添っていくという交際が一番多い成婚パターンになります。

なので最初から慎重になりすぎてしまうとせっかくのご縁も逃げてしまいます。

・会話はある程度はずんだ。途中で会話がストップした時もあったけど最初だから気にならないレベル

・プロフィールの雰囲気と同じ感じの方だった

・お見合いだけではお相手のことが分からないからもう一度会ってみようかな

お見合い後は仮交際(お試し期間)でもあるので、この人に決めた!という段階ではありません。

特に印象が悪くなければ、お断りをしなくても良いかと思います。

 

1-4.交際に進んでも、他の方とも比較しながら進めれます

お見合いの良いところは、仮交際の段階であれば複数の交際ができることです。

他の方とお会いしながら、デートをしていくことでお相手の良さを知ることができたり、逆に交際している方より、別のお相手の方がフィーリングが合ったりなど積極的に婚活することで、結婚するための判断材料が増えていきます。

 

2.お返事が遅い方は断られることが嫌い

女性の方で圧倒的に多いお返事のスタンスは、「まだ一度お見合いをしただけだし、よく分からないけどもう一度会ってみようかな!」可もなく不可もなく割と好印象の場合はこのようなお気持ちの方が多いです。

でもまだお相手からお返事がこないし、私から交際希望のお返事をしなくても良いかなと判断し既に結論が出ていても放置してしまいます。

男性の方は、「とても素敵な方だったし、もう一度会ってみたいな」でもどうせお断りされてしまうと思うから、相手の反応を待ってからお返事しようかなと勝手に自分でお断りされてしまうと判断している方が多いです。

アドバイザーからすると、「どっちか決まっているなら早くお返事してほしいな」と困ることがあります。

この状況だと早くお返事していたら、良い交際に繋がるのに、お断りという部分に過剰に神経質になり、交際にすらならずに不成立してしまうことがあります。

 

3.レスポンスの早さと、成婚は大きく関係している!

成婚に思うように至らない方、成婚が決まらない方の共通点として、レスポンスが遅いということが原因で決まらないことがあります。

例えばレスポンスが遅い原因として、

・物事をネガティブに考えてしまう傾向があるから判断が遅くなり、勢いに乗れないタイプ・自分の優先順位が分かっていない。タイミングを逃してしまう

・常識や思いやりに欠ける部分がある。返事を待つ側の気持ちまでは考えていない

お見合い後、いきなり最初から恋愛感情が高まることはありませんから、「もう一度会ってみような」「お相手のことを知りたいな」という気持ちの場合、レスポンスが早い方はやっぱり成婚も早く決まります。

自分も同じようにレスポンスが早く接してもらえたら嬉しいですよね!

もしダメでも出会いは沢山ありますから婚活の流れを作りだすためにも、レスポンスの早さはとても重要になります。

 

4.レスポンスを早くするには少しのマメさを意識して

例えばデートの約束でも、日程がまだ見通しが立たない場合、確実な良い日を伝えるためにちゃんと確認してからお返事しよう!という方がいます。

確実に空いている日にちを教えて欲しいのですが、まだ分からない場合であれば、お待たせしてしまう理由すぐに返事ができない理由をLINEでも電話でも何でもいいですから一言伝えることが大事になります。

この状態で交際を進めていくと、本来であればうまくいく交際がコミュニケーションがうまく取れず交際終了になることが多くあるからです。

特に日時を決めなくてはいけない場面で、レスポンスが遅い場合、

・めんどくさがりな人なのかな?

・交際があまり気乗りしていないのかな?

・他に交際中の人がいるのかな

など不安になることでしょう。

1通のLINE、電話など面倒だと後回しにせず、少しのマメさを意識してお相手と接してほしいです。

上手に交際に進められる方は、「私は〇日がお休みですが、ご都合いかがですか?」とか「〇〇さんの都合の良い日にちに合わせたいと思うので、都合の良い日にち教えてくれませんか?」など一生懸命デートの約束を取り付けて前向きに交際をしていきたいという気持ちをアピールします。

レスポンスが遅くなると、いつまでも交際は進んでいきませんので、そうならない為にも、

・自分は割と返事が遅いタイプだな!とか

・デートの日程調整の時はいつもお相手を待たせている

という方は良いご縁を自ら逃してしている可能性が高いですよ!

自分の与えられた出会いのチャンスを無駄にしないようにしましょう!

 

5.まとめ、婚活は積極的に動かなければ結果がついてきません。

いかがでしたか?レスポンスが遅い傾向がある方は、積極性にも欠けている方が多いです。

ですが、婚活は自らが動いていかないといつまで経っても結婚が決まらないのが現実です。

かといってガンガン行動をしてほしいと言っているのではなく、少しのアクションで大きく状況が変わるので、活動を始めたばかりの方は、お見合いの承諾やお申込みのお返事のレスポンスを意識して頂き、交際に進まれている方は、お相手との日々のコミュニケーションで、少しのマメさを意識していきながら活動をしていくことで、気持ちもポジティブになれますし、婚活にもとても良い影響を与えます。

早く成婚できるか?婚活しても成婚まで道のりが長いか?

レスポンスの早さが影響してしているのは当然だと思います。

婚活は早いレスポンス!誠意のある行動を意識することを心掛けてくださいね。

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加