本当に大丈夫?お見合いのマナーと会話のポイント!

お見合いでは、会話はとても大事になりますが、会話の内容によって、即お断りと判断されてしまうことがあります。

特に最近そのようなご相談をとても多く頂くので、今日は皆さんに共有したいと思います。

お見合いでタブーな質問をされた時の返答の仕方など、婚活でよくありがちなお断りの理由など辛口で(笑)お伝えしています。

 

目次

1.お見合いでのマナーについて

2.婚活慣れが引き起こすお見合いでお断りのパターン

3.お相手に対しての質問

4.当たり障りない返答ができることも大事

5.好印象に繋がる質問

 ・5-2.会話のポイント

6.まとめ お見合いで好印象に繋げるには?

 

1.お見合いでのマナーについて

結婚相談所では、結婚を見据えたお相手を探す活動になりますから、当然、マナーやルールがあります。

成婚される会員さんは、お見合いを何回かする中で、必ずお相手から、交際希望の良いお返事を頂きます。

自分がお断りのお返事だったとしても、お相手から必ず交際希望のお返事をもらえる方は、お相手に対してのマナーやコミュニケーションが自然と身に付いています。

特にお見合いは1回、1回が勝負になりますし、最低限のルール・マナーはできて当たり前でなければなりませんが、婚活をしていく内に、初心を忘れてしまう方も多いのです。

お見合いをしても交際を考えるのが難しいと思えば、お断りをしやすい環境ではあるのですが、その分1回のお見合いで突破できる方と、できない方と大きく分かれます。

 

2.婚活慣れが引き起こすお見合いでお断りのパターン

婚活が慣れることは、異性とスムーズにお話が出来たり自分に余裕を持ってお話ができるようになりますが、慣れ過ぎてしまうと、緊張感が全くない状態になることがあります。

実際、婚活に慣れてしまった方は、お相手選びに苦戦します。

お断りのパターンとして多いのは、効率性を求めるあまりにお相手に取り調べでもするように根掘り葉掘り聞きすぎてしまう方、最初から色んな情報を聞き出そうとおもうと、お相手は引いてしまいます。

初めて婚活した時のことを思い出してみてください。

緊張感を持った中で、お相手の興味がありそうな話題を振ったり、お互いの共通点を探そうとしたりしていたのが、慣れからが自分が必要な情報だけバンバン質問をして「会話ができている」と勘違いしています。

自分だけではなく、お相手も「会話ができている」と感じさせないのはNGです。

 

3.お相手に対しての質問

お見合い中、自分は会話がスムーズに出来ている思う方ほど、意外と出来ていないのです。

お断りをされてしまう方で多い質問のパターンです。

※過去にあった事例をご紹介します。

(アドバイザーが、過去に男性・女性会員さんからお聞きした質問です。

タブーな質問をされた方の気持ちを辛口で代弁しています)

・お見合い初めてですか?

「お見合いの回数を聞いてどうすんの?お互いに何のメリットもないでしょ!」

暗黙のルールで普通聞かないよね…?

・どこの相談所に入っていますか?

「システム・サービスなどお互いに聞いて意味があるの?」

婚活仲間を探しにきてるわけじゃありません。

・住所など個人情報を特定するような内容の質問

「いきなり!!」

みたいな感じで引かれます。あまりガンガン聞いていくと、

特に女性は怖いと感じることも…交際に入って仲が深まってから聞きましょう!

・何人と交際したことがあるか?

「いきなりデリケートな質問されると、何て答えたらいいか困る!」

・過去の恋愛のことについて お見合いや交際相手のことなど悪口を言う

「交際して上手くいかなかったら、悪口言われそう…この時点で交際は無しだな」

・恋人はどれくらいいないのか期間を聞いてしまう

「過去の恋愛は、もう過去のこと!」

半年~3年程度であれば正直に答えても良いかと思いますが、恋人がいない歴が年齢と同じ年数だったり、4年以上いないとか、あとは別れてから1ヶ月も経過していないとなると印象を悪くしてしまうこともあります。

答えづらい質問は、もう少し親しくなってからお答えしますね~とガチガチに伝えるのはダメですが柔らかい雰囲気で保留にすれば大丈夫です!

・どうして私と会ってくれたんですか?

「会いたいから会ったんでしょ!(笑)」

この質問自体なぜ出てくるのか意味分かりません

・いずれ両親と同居する予定はありますか?

「まだこの人と決めてもいないのに前のめりすぎ!(笑)」

・実年齢よりも若く見えるますね!などの年齢に関する質問

「そもそも年齢の話題を振ること自体ね・・・・・・・苦笑」

自分では良いと思って言ってしまうことが意外と相手を不快にさせている方も多いです。

・容姿に対する発言

「質問の仕方がダイレクトすぎて失礼でデリカシーのない人だな!」

と思われたらアウト

※特に女性を褒めたつもりで容姿の話題を言うのはNG

本人が気にしている部分かもしれないので。

基本的に容姿・年齢などは避けた方が無難。

「あっ!言ってしまっていた。」という質問はなかったでしょうか?

アドバイザーとしては1つもあってほしくないところです。(笑)

これ1つでも言ってたら問題だと思ってくださいね。

こんなネタを話されたら、自分とあまり話す話題がないと思われてしまっても仕方ないかと思います。

お見合いのマナーでは、お互いの結婚相談所の話や婚活歴など最初に話す話題ではありませんから、ついうっかり話してしまうことがないようにしましょう!

1回のお見合いでお断りとされたら、それで終了になるので、自分でも何が原因か分からないまま活動を続けていくので自分には問題がないと勘違いされてしまう方も多いのが現状です。

 

4.当たり障りない返答ができることも大事

タブーな質問をされた時に、馬鹿正直に何もかもタブーな質問に対して正直に返答される方がいますが、これも気を付けて頂きたいです。

タブーな質問をした相手が悪くても、馬鹿正直に何でも話して墓穴を掘ることがあります。

お相手の方が質問をしてきたから答えただけ!という感覚でいないようにしてください。

例えばお見合い何回ですか?とタブーな質問をされた場合

初めてです!(本当に初めては別として)

10回ですと回数があまり多く答えるのもNGです。

「2回ほどお会いしたことがあるんですが、今日は久しぶりのお見合いです」位にとどめてくださいね。

恋愛経験が少なかったり、コミュニケーション能力が低い方は何もかも全てをさらけ出しすぎてしまうことがありますが、タブーな質問をされた時こそ、注意して返答をしましょう。

お見合い何回目ですか?聞かれて回数が多すぎても何か問題があるのかと相手に思われたら悲しいですし、ガンガンとっかえひっかえお見合いををしている

イメージを持たれるのも嫌ですよね!

当たり障りのない返答ができることも、テクニックの1つです。

返答が上手な方は、交際もうまく進みます。

 

5.好印象に繋がる質問

お見合いでは最初だからこそ、最初に聞いておくべきことはある程度限られてきます。

タブーな質問をされてしまう方は、何を話したよいのか分からない!と悩んでしまう方もいるかと思いますが、お見合いでの質問は下記をポイントにお話するとちょうど1時間~1時間半程度で終わると思います。

・休日の過ごし方

・趣味

・仕事

・普段の日常

・好きな食べ物

休日は、お家での過ごし方や、お出掛けする時のことなどを聞いていくとデートのイメージもしやすいですし、同じ休日の過ごし方だったり、話の中で共通点があると、「私も~!」「僕も~!」みたいな感じで1つの話題を掘り下げていきながら会話ができるので盛り上がります。

たとえ趣味が同じでなくても、もっと聞きたい!詳しく教えてほしいみたいな感じで興味があるという姿勢が大切ですし、アピールにもなります。

仕事に対しては、どんな内容のお仕事かなど、詳しく聞いていくと仕事に対しての姿勢など人柄も分かってきます。

特に男性の方は、仕事に対してどういう部分にやりがいがあるのかなどをお話すると、仕事に対しての熱心さなどが伝わり、女性の方の安心感にも繋がります。

普段の日常は、仕事を含めた普段の生活の流れを聞いておくと、お相手がどういうリズムで生活しているのか分かるかと思います。

味の好みは夫婦生活をする上でとても大事です。

好き嫌いが多いと、食事の準備も大変になりますし、デートの時の何を食べようかお互いに気を遣いますから、好きな食べ物と嫌いな食べ物や味の好みでもいいので聞いてみるとよいでしょう。

 

5-2.会話のポイント

これは何度もお伝えしていますが、もう一度おさらいです。

・早口にならない!(せっかちなイメージを持たれやすいです)

・目線を合わせる(目がキョロキョロ挙動不審にならない)

・笑顔で相槌を打つ!

・暗い表情や眉間にしわを寄せて険しい顔で話さない

・ネガティブでマイナスな言葉はNG(否定語を使わないようにしましょう)

・お相手の共通点を探してみる

・会話のキャッチボール(質問上手・聞き上手を目指していきましょう)

 

6.まとめ お見合いで好印象に繋げるには?
お見合いでは初対面から始まりますから、コミュニケーション力がとても大切になります。

お見合いだからといって、初対面なのにあまり最初から色んなことを聞きだそうと、してしまうと、デリカシーがない質問はその時点で「この人はないな!」と思われてしまいますから、お相手が答えやすい質問を投げかけてあげることも大事ですし、タブーな質問をされた場合は、話してよい内容と、駄目な内容が理解できていなければなりません。

会話のテクニックがなくても、常識的な部分や所作など無意識な部分がお相手が一番みている部分になりますから、そういう無意識に出てしまう自分の癖を知ることもとても大切だと思います。

実はとても些細な部分でつまづいている方も多いです。

無意識な部分でお相手を不快にさせたり、気分を害するようなことをしてしまうといくらお会いしても成婚までいきませんしね。

成婚された会員さんや、交際がうまくできる方はこういう部分は当たり前の部分としてわきまえているから婚活がうまく進むのだと思います。

結婚相談相談所に登録したから誰でも結婚できるのではありません。

結婚相談相談所に登録した!婚活をできる環境が整った!

婚活でも他の場面でも自分が努力していくことが必要ですし、入ったから安心という感覚でいないようにしましょう。

結婚できるかは自分次第です。

自分は出来ているつもりでも、思うように活動が進まない方は、まだ改善できる部分があるかと思います。

素敵なパートナーを見つけられるよう応援しています。

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加