婚活必勝2本立て!最初のデートの突破法は〇〇〇!パートナー選びの基本について!

エンクピードでは、通常は私が一人でカウンセリングを行いますが、男性会員さんをお預かりする場合、お見合いの婚活経験者の主人もカウンセリングに同席することがあります。

女性の会員さんでも、カウンセリングに同席をして、男性目線のアドバイスなどもさせて頂くことがありますが、異性の目線ってとても大事だと感じます。

私はアドバイスをする上で、異性から感じる部分や、会員さんの状態をみながらお話をさせて頂きますが、婚活経験者の私達だからこそ、婚活成功の秘訣などブログでは発信していない情報やアドバイスもカウンセリング時にお話をさせて頂いております。

1ヶ月に1回のカウンセリングで会員さんの状況なども大きく変わることが多いので、毎月お会いして色んなことをお話するのが楽しみです。

今年は婚活初心者さん向けのお茶会なども予定してます。

話を聞いてみたいなという方は、お気軽にご参加ください。今井さんに会ってみたい!

婚活体験談聞いてみたい!という方も大歓迎です(笑)

今日は交際で試される部分と、お相手選びに迷う方に向けた豪華2本立てです。

 

1.交際で試される部分は〇〇〇力

 ・1-2.次のデートに繋がらない人は〇〇〇が不足している

2.パートナー選びは迷っていたら決まらない

 ・2-1.迷っていているなら相手を信じて突き進むことも大事

3.婚活アドバイザーのあさみがお見合いの活動で主人に決断できた瞬間

4.一度決めたら迷わない!それが結婚の近道です!

5.まとめ とことん向き合って、決断をしましょう

 

1.交際で試される部分は〇〇〇力

交際中は特に初めてお会いする方や、交際が初期の場合、お互いにまだ警戒心がある状態からのスタートなので、よりお相手への対応が大事になります。

それは気配りが出来る方と、出来ない方で大きく変わりますが、お相手に対してしっかり考えて言葉を選び会話ができるなど、小さな積み重ねが交際を発展させます。

とても大事なことですが、意外と出来ていないことが、「気付くこと」です。

例えば、最初のデートで言葉の遣い方も丁寧で、簡単に答えれそうな話題を提供したり、男性であればお相手の歩幅に合わせて歩いたり食事の時は相手のペースもみながら食べたり、お手洗いなどを気遣う言葉があるなど、挙げればキリがないほどですが、そういう細かい部分「気付く力」が異性を惹きつける魅力となり良い交際へ繋がります。

 

1-2.次のデートに繋がらない人は〇〇〇が不足している

よく、「このくらいのことは気付いてほしい…」とお聞きすることがありますが、お相手の方が、「気付く力」が低いことがあります。

逆にお相手から「このくらいは自分で気付いてほしい」と思われてしまったら、自分自身が、気付く力が低いことになります。

でも「気付く力」を高めるにはどうしたらいいのか?

それは、周りの状況のなどを気にすることで少しずつ養われていきます。

よく世間で言われるマイナス言葉、自己中心的、を緩和した言葉にするとマイペースという言葉がありますが、マイペースは聞くと柔らかい雰囲気に聞こえてしまうのですが、そこが落とし穴でマイペースは自己のペースなので異性がどう感じているのかを全く気が付かないことも多く、「気付く力」がとても低いケースが多いです。

普通の恋愛でしたらまだいいかもしれないですが、結婚相手を選ぶ活動だと、マイペースの部分を夫婦生活をイメージして考えた時に、敬遠されることがあります。

特に自分自身で自覚のある方は、視野をもっと広げて周りの状況などを見ていくと良いでしょう。

あと「気付く力」がある方は、お相手の感情など様子を見ながら会話ができたり、こういうことを言ったら嫌がられるということを分かっています。

なので何でもぶっちゃけトークをして、節度がないと思われてしまうと次には繋がりません。そういうことが分かる方は、そんな発言もしませんがそれは「気付く力」があるからです。

よく、ついテンションが上がって言わなくてもいい情報まで話てしまう方もいますが、それは「気付く力」が鈍感になっていますので、日ごろからコミュニケーションの取り方など、仕事やプライベートでも意識していくようにしましょう!

 

2.パートナー選びは迷っていたら決まらない

例えばですが、

・お見合いのお申込みをしようか躊躇してしまう

・お見合い後、仮交際に進めたいのか決めることができない

・本当にこの人で大丈夫か悩んでしまう

婚活をしていると、このように色んな場面で悩むことがあると思います。

特に多いのが、今交際中の方と、結婚をしてもよいか悩む方は、結婚後の生活に自信が持てないことが不安となり、中々リスクを取り払うことができずにいます。

でも迷っているというのは、実はお相手を信用していないということになります。

自分が信頼できなければ、とはいえません。

 

2-1.迷っていているなら相手を信じて突き進むことも大事

もしあなたがお相手に迷っているのを悟られてしまったら、お相手からすればかなりショックです。

「私のこと信じられないんだ…」と気持ちが一気に萎えます。

逆に、「あなたと結婚をするのに迷いはないから信じてほしい!ついていく」「自分についてきてほしい」と言われたら嬉しいですよね!

迷っていても何も変わりません。

だったら思いきってお相手の事を信じてみませんか?

だって未来は誰にも分からないですし、結婚後の生活を良くするのも、悪くするのもお互いのコミュニケーションや行動次第で変わってきます。

お互いに信じる関係ができて、想いが伝わるとその気持ちに応えたいと努力をします。迷われてしまってウジウジしているよりも相手を信じていくことで、お互いの関係に自信が持てるようになります。

特に決断をするのに迷っている時は、平行線になり最終的に決まらないということが起こります。

どんな方と交際をしてもリスクはつきものだということを理解した上で、まずはお互いの時間を楽しんで交際をしてほしいと思います。

 

3.婚活アドバイザーのあさみがお見合いの活動で主人に決断できた瞬間

私は、お見合いの婚活はかなり順調に決まりました。

アドバイザーさんに相談したのも1回位でしょうか(笑)

活動を開始して、半年以内には婚約していましたかたらタイミングと運も味方になってくれたのと、私が徹底していた活動の軸としていたものが、「遅くても1年以内に結婚を決める」という位の揺るぎない気持ちで活動を始め、婚活スイッチをONにして、自分の感覚を研ぎ澄まして活動をしていました。

開始直後に何人かの方にお申込みを頂き、その中の一人が主人でした。

主人との交際自体は順調そのもので、2人の気持ちは同じ方向に向いていましたが、心が折れた瞬間があります。

それは、義理のご両親との関係です。

今ではもう笑い話になっていますが、私は親御さんの挨拶というと、最近芸能界でご結婚された、お笑い芸人の〇里さんと〇井さんですが、〇井さんの親御さんのエピソードを見た時に、お父さんが優しく出迎えてくれて、ほんわかした雰囲気で、笑顔で楽しく談笑するエピソードがありましたが、そのエピソードを聞きながら、自分が望んでいた挨拶だ~!と思いながら見ていました。

私が義理のご両親への挨拶に行った時は、楽しいイメージとはかなりかけ離れており、玄関先でお義父さんが出迎えてくれた時に、心の中で思ったのが「こわっ!めっちゃ警戒されてるやん」といった印象でした(笑)

話をしている途中も、冷静を装っていましたが内心ドキドキでした。

そもそも、お義父さんは、お見合い活動や結婚相談所の活動にかなりマイナスなイメージを持っていたので、私や家族に対しての質問がちょっと意地悪で(笑)

昔ながらの固いお義父さんとっいった感じのタイプなので、すごく最初は私のことを疑いから始まり、主人は私に騙されていると思っていたそうです。(爆笑)

※笑い話なのでもう気にしてはいないですが今思うと、急に主人が結婚を見据えた彼女を連れてきた!となれば親の準備も出来ていなかったのかもしれません。

特に主人は活動をしていたことも、内緒でしたので余計に不安になったのかもしれないですが…

他の女性だったら、多分挨拶の時点で交際お断りするだろうな!と思うような雰囲気で、主人の事は大好きだけど、やっぱり結婚は自分以外の家族の相性も大きいんだな!と完全に心が折れてしまいました。

多分ここで交際を終了してもおかしくないような状況でしたので、私は挨拶後は相当応えましたが、その時に掛けてくれた主人の言葉が私の結婚する決意を固めてくれました。

「私を不安にさせるような思いは絶対しないから、信じてついてきてほしい」正直な気持ち、私は大好きな主人の家族だからこそ、挨拶でのお義父さんの雰囲気や、質問などがショックで悲しくて、自分を否定されたような気持ちになってしまって、私は純粋に主人と結婚したいだけなのに…と悩んでしまいました。

その時の私の気持ちは、主人は別として主人の家族と一緒になることが私にとってはリスクを背負ってしまうと感じていました。

でも主人の言葉が心に響いて、主人という一人の人間を信じたい!

ついていきたいと思い、義理のご両親といい関係を築けるか分からないけど、私はそれでもいいから主人を信じて、リスクを背負うことを覚悟の上で結婚を決断しました。

私はあの時に思い切って決断をして、主人と結婚してよかったと思っています。

今こうして幸せに暮らしているといことが何よりの証拠です。

あの時の主人の言葉は今でも忘れられないですが、思い切って決断をすれば、お互いがもっと良い関係が築けますし、より深い愛が生まれます。

それには自分を信じて、相手を信じることがとても大切です。時には悩むこともあるかと思いますが、悩みを挙げたらキリがないのです。

結婚って将来が確立しているわけではないので、必ずリスクは生じることがあります。

でもこのリスクを一緒に乗り越えていけるか、楽しんでいけるかで、2人の絆や距離も近くなり、お互いになくてはならない唯一無二の存在となります。

 

4.一度決めたら迷わない!それが結婚の近道です!

パートナー選びで大事なことは、後悔しない選択をするために、あなたが愛する人を早く決めることが大切です。

それはどういうことかというと、相手の気持ちに左右されるのではなく、常に自分から気持ちのスタートをすると後悔はありません。

相手の気持ちに翻弄されてしまう方は、結局ずっと迷ってしまい自分の気持ち主体ではなく相手の気持ちに翻弄されてしまいます。

現在交際中の方がいるとすれば、お相手からの愛が伝わらないと感じて交際を悩んでいる場合は「受け身」の姿勢です。

「相手から愛されていればいいや」という考えで結婚生活を送るといずれ無理が生じて別れになります。

迷っている場合は本命ではなないのです。

本命ではないお相手と交際をしても気持ちが高まることがないので、迷いがでてしまうのは当然です。

「迷う!どうしよう」と思うのであれば、中途半端な気持ちで交際をすることになるので交際を辞めるのもありだと思います。

本当に心から気に入ったお相手だからこそ、交際をすると全力で向き合うことができます。たとえ始めは相手の愛が伝わらなかったとしても、交際をしていくうちに、あなたの真剣な気持ちに相手も惹かれます。

大事なことは、「この人」と一度決めた決断にとことん付き合うことです。

一度決めると気持ちも、ポジティブなものになり、本気で好きな方ができると愚痴や不満もこぼさなくなり、顔つきも変わってきます。

本当にいい人と出会ったと思う瞬間は、自分の顔つきが明るくなったり、気持ちが前向きになったときです。その「本命の人」はあなたの心が一番分かっているのではないでしょうか。迷っている時こそ自分の心に正直に真剣に向き合い後悔がないようにしてほしいと思います。

 

5.まとめ とことん向き合って、決断をしましょう

交際で迷うことも出て来ると思います。そんな時にお相手に対して心から愛しているかを考えてほしいです。

そしてあなたが交際相手とどうなりたいのか考えることで、気持ちや行動も変わってきます。

それには、お相手に対して本命であることが大事です。

そこがあなたの迷いを消していきます。

この人に決めた!と決断をしたらとことん向き合って、交際中は積極的に行動を起こして、楽しい時間を過ごしていきましょう!

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加