婚活中あなたの悪い癖出ていませんか??

婚活は順調な時があれば、辛い時期もありますが、特に辛い時期こそ、自分をしっかり持つことはとても大事になります。

でも婚活をしてみると、自分のことって結構分かっていないことが多く、自分の直さなければいけない部分に、蓋をしている方も多いです。

婚活ってこれからの人生を共にするパートナーを探すわけですから、いいところも、悪いところも含めて自分自身としっかり向き合わなければ、よい結果はでません。

今回のブログでは婚活で思うような結果がでない時によくありがちな言動や、行動のパターンについてお話しています。

 

目次

1.婚活で調子が悪い時によく出る悪い癖

 ・1-1言葉のどこかに必ず否定語

 ・1-2自分のことを棚に上げて、相手のせいにしがち

 ・1-3心の中で思ったことを言葉にしすぎ

 ・1-4自分の心をうまくコントロールできない

2.婚活が思うようにいかない方に多い行動パターン

 ・2-1お見合いを組みすぎ

 ・2-2複数交際のしすぎ

 ・2-3一人は寂しい…進展が難しそうなお相手だけど自分のことは構ってほしい…

 ・2-4完璧を求めてしまう

3.成婚できた方はここが違う!

 ・3-1苦しい時でも相手に対しての気遣いが常にある

 ・3-2自分の気持ちをうまくコントロールできている

 ・3-3細かいことをアレコレ気にしない!何とかなる精神

4.まとめ 苦しい時こそ、心のお掃除をしましょ!

 

1.婚活で調子が悪い時によく出る悪い癖

結婚相談所で活動中、お見合いがスムーズに組めて調子がいい!

お見合い後もトントン拍子に進めて調子がよい何もかもが順調な時って、特に気にすることなどはないと思います。

イケイケの状態の時は、テンションも上がっていますし、いい意味で周りが見えなくなっています。

そんな時はアレコレ気にせずに活動されていますよね。

ですが、お見合いが中々組めない、交際が終了しそう!お断りされてしまった。

こんな絶不調の時こそ、今の現状をしっかり受け止められないと、うまく成婚できません。

特に婚活中に自分の悪い部分が分かっていない方が多いので、実際に絶不調の時と、活動がうまく進められる時の違いについてみていきましょう!

 

1-1言葉のどこかに必ず否定語

調子が悪い時こそ、注意してほしいと思いますが、例えばお相手が振った話題に対して、え~〇〇だから…とか、でも〇〇だし!

など、お相手に対して普段から否定語や愚痴っぽくなってしまう方は、お相手に対してリスペクトの気持ちが足りません。

婚活が中々思うようにいかないからと、否定語ばかり使うのは勿体ないこと!

人は鏡であるということを忘れずに、お相手と接してほしいです。

そういう積み重ねが、結果として自分自身に返ってきます。

 

1-2自分のことを棚に上げて、相手のせいにしがち

自分のことは棚に上げて、何かうまく進まないことがあるとお相手に対して、悪い部分を探そうとしたりするけど、自分のことは知ってもらう努力はしない、お相手の気持ちも知ろうとしないという行動になってしまう方もいます。

減点方式でみるのではなく、お相手に対して加点方式でみていくことが大切です。

結婚生活はお相手の悪いところばかり見ていては長く続けることはできません。

 

1-3心の中で思ったことを言葉にしすぎ

その一言余計だな!残念な対応だなと本人が全く気づかずに、発言してしまっていることがよくあります。

それも、自分は全く悪いと思っていないですから、心の中で留めておけばいい言葉を、デート中やお見合いの時にも悪いと思わず言ってしまっているんだろうなと…。

知らず知らずのうちにお相手を不快にさせてしまう方が多いです。

お見合いの承諾に関して、とりあえず…とかキープするとか、こういうことを平気で言われる方!とりあえずって何でしょうか?

初対面で可もなく不可もなくの印象だからこそ出たのかもしれないですが、そんな言葉は口にしないでほしいなとアドバイザーとしては思います。

もしあなたのことをお相手がそんな風に承諾していたら、嫌な気持ちになりませんか?

心で思うことはいい!でも「悪気がなく言ってしまっていることが悪意になる」ことがあります。

これが難しい部分ではありますが、自分の調子が悪い時こそ、誰に対しても言葉の掛け方は意識してほしいです。

絶好調の時で、自分がハイテンションの時も、お相手に対して配慮がかけてしまうこともありますので、普段からの言葉の使い方は気を付けて頂きたいと思います。

1つの言動がお相手を傷つけたりして、命取りになりますからね。

一度テンションが下がってしまった心を取り戻すのはとても難しいですよ!

 

1-4自分の心をうまくコントロールできない

交際がうまくいかなくなると、自分の意志が定まらなくなったり、お相手の言動に対して気持ちがブレブレな方、一喜一憂しすぎて感情がその度に左右されてしまう方は要注意!

自分の結婚に対する芯の部分をしっかり考え直す必要があります。

特にお相手に対して合わせる傾向がある方、ネガティブなタイプはこのような状態になることが多いので、自分の軸は常に忘れないようにしましょう!

気を遣いすぎると、自分が相手に合わせることに我慢が出てしまったり、今まで溜めていた不満なども爆発してしまうことがあります。

あなたが探しているお相手は結婚相手ですから、自分をさらけ出していくことが大事なので、良い所も悪い所もお互いを深く知ることが大切です。

特に婚活で自分の調子が悪い時、メンタルが弱っている時の癖を変えることが大事です。

不調な時に、つい上から目線になってしまう方もいます。

上から目線でお相手を見ていては、将来のパートナーの候補として選んでもらう謙虚な姿勢は感じられません。

これは、アドバイザー同士でもよくお話しますが、実際に婚活で成婚する方の特徴に、素直で常に謙虚な気持ち、感謝の気持ちを自然と口にできるということが出来ています。

なのでそういうモチベーションで活動をされて結婚する方は、
・自分のことをいいなと思ってもらえればうれしい

・私のことを選んでくれるなら

・お相手の条件にマッチしているのであれば

・自分に対して興味を持ってくれて嬉しい

・しっかりむきあっていきたいな

と考え方が前向きで謙虚な気持ちです。

こういうモチベーションでいることで、苦しい時期の婚活も上手に乗り越えることが出来ます。

誰しも自分が一番かわいい!だけどそんな自分を否定された!ということはとても辛いことです。

そういう時こそ一呼吸してみて自分の気持ちをリセットしてみましょう!

自分のことを良いと思ってくれる、お相手のすべてを受け入れられているかな?と一度立ち止まって考えてほしいです。

自分のことを気に入ってくれている方に対して、実は失礼な対応をしていたり、簡単にお断りをしていたということに気付くかと思います。

自分では気付かないかもしれませんが、意外と客観視してみると、お相手に対して失礼なことを自分がしていると気付くことがあります。

「愛して欲しければまずは自分が愛する」ことです。

成婚をするために自分の気持ちをうまくコントロールすることはとても大切です。

特に婚活では、1つのきっかけで交際がお断りになることは沢山ありますし、お見合いでもお断りされた!イメージと違ったなど落ち込むことも沢山あります。

何かある度に落ち込み過ぎたり、イライラしたり、気付かないうちに八つ当たりしたりするのではなく心のコントロールと、マインドが大事です。

 

2.婚活が思うようにいかない方に多い行動パターン

2-1お見合いを組みすぎ

男性も女性もですが、これは特にお見合いがコンスタントに組める方、自分がモテると勘違いされて調子に乗ってしまうことがあります。

そういう勘違いから、お見合いのしすぎで理想がどんどん高くなり、お相手が定まらなくなってきます。

そうこうしている間に誰とも交際が続かず、逆にあまりお見合いが組めていない方の方が、一つ一つの出会いを大事にするので、先に結婚するパターンです。

 

2-2複数交際のしすぎ

仮交際とはいえ、3~4人以上いれば要注意!

しかもそれがまだ恋人ではない様子見のお相手だとしたらご注意頂きたいです。

さらに絞る気がなく同時にお見合いまでしていたらNGです。

おそらく誰とも決まりません。

1人、2人と交際しながら、せめて1~2件お見合いが決まればもう十分です。

気になっている方がいるとすると、交際にも集中出来ませんし、他の方とお会いしても気持ちが上の空になります。

どちらのお相手に対しても申し訳ないと思ってしまう気持ちが大きくなります。交際ばかり、お見合いばかりしている方は一度リセットして今の自分を見つめ直してほしいと思います。

 

2-3一人は寂しい…進展が難しそうなお相手だけど自分のことは構ってほしい…

誰か構ってくれるお相手がいないと寂しい…と謎の不安から、今後進展ができないお相手にしがみついている方もいますが、それは時間の無駄だと思います!

「自分が求めている結婚に対する温度差がちがうな!」

「お互いが歩み寄って関係をよくすることも難しいな」と判断ができれば早めに決断をされた方がいいです。

 

2-4完璧を求めてしまう

自分の心の奥底で、結婚相手に対する理想像が「絶対にこうでなくてはダメ」という思い込みに縛られていることはありませんか?

今までの人生で理想の人と出会えたことはありますか?

もし理想のお相手に出会えたとしても、最終的にどうなりました?

誰しも完璧な人間なんていません。

自分の理想ばかりを追い求めていては結婚は手に入りませんよ。

 

3.成婚できた方はここが違う!

3-1苦しい時でも相手に対しての気遣いが常にある

成婚される方は、常にお相手に対しての気遣いがあります。

気を遣うというのは、相手の顔色ばかりを伺うということではなく、例えお互いにぶつかることがあったとしても受け入れて、そこからどうしていくのがお互いに一番いい道になるかということを見つけていくことができます。

お互いに気持ちを汲み取りながら、相手のことを知りたい!

もっとよい関係にしたい!という気遣いが自然とできているのです。

 

3-2自分の気持ちをうまくコントロールできている

何か落ち込むことがあった場合でも、自分だけで溜めていないので、例えばお相手の方に私はこういうことで辛い!苦しい!嫌な気持ちになった!ということを、うまく吐き出しながら、相手がどのように感じているのか、自分の気持ちを整理しながら進めていくので、ネチネチ引きずらないですね!

結構多いのが、お相手に自分の悪い部分を言われてショックだった!

傷ついた!という感情から、自分の痛い部分を指摘されてしまったという恥ずかしさとプライドから、何でそんなこと言われなきゃいけないの!

という感情がだんだんと沸き起こって愚痴っぽくなったり、怒りに変わったして、今度はここぞとばかりにお相手の悪い部分を指摘し始めたりする方もいますが、相手がどういう気持ちで、本当は言いたくない部分も愛情を持って言ってくれたのか?ということを一回冷静になって考えてほしいと思います。

何かある度にそのような感情になっている方は、自分の都合だけで考えていて、心のコントロールがうまくできていません。

 

3-3細かいことをアレコレ気にしない!何とかなる精神

神経質な方は、特に注意してほしいですが、結婚してからの生活は、常に色んな出来事があります。

なのに最初から、アレコレ色々と気にしているようでは、結婚生活は持ちません。

自分の価値観やルールに縛りつけてしまうと苦しくなります。

最初から何もかも完璧の状態なんてないのですから、少し肩の力を抜いて、心の余裕を作りましょう!

 

4.まとめ 苦しい時こそ、心のお掃除をしましょ!

成婚をする方は、調子が悪い時こそ自分の気持ちをなるべく維持することを心掛けて活動をされているので、婚活に対してのマインドがとても素晴らしいです。

だけど、あまりネガティブなことを言ってしまったり、お相手のことを悪く言ったり、心の底にある人間の悪い部分ばかり見てしまうと、お相手の人柄が何もかも崩れてしまいます。

内面から溢れる人柄や顔つきまで変わってしまいますから、1つでも当てはまっていたら、心のお掃除をしてくださいね。

婚活では、マインドは常に綺麗でいることが鉄則です!

エンクピードでは、自分では中々気付かないような、考え方の癖や心のモチベーションについても、アドバイザーが間に入ることで早い内に自分の問題点に気付き、今の現状も含めて一緒に考えながら素敵なパートナーを見つけていきたいと思っております。

そういう気付きがとても大事なことですし、パートナーを見つけるうえで今日お話した部分は絶対に忘れないようにしてくださいね。

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加