子供を望む前に大事なことは?アラフォー・アラフィフ男性の婚活

今日は子供を望むアラフォー・アラフィフ世代の婚活について踏み込んだ話をしたいと思います。

アラフォー・アラフィフの男性にお話をお聞きすると、結婚する目的として子供を第一優先に望んでいる方がとても多いんですね。

子供が欲しいとなると、一刻も早くお相手を見つけていかねばならないですし、早く行動していかなくてはいけません。それには活動開始年齢も重要になってきます。

50歳で一人目の子供が出来たとしたら、子供が成人した時は70歳と高齢なります。

現在、産婦人科学会では35歳以上を高齢出産と言われています。

これは一般的な話ですが、40歳で初めて出産をする人は沢山いますし、今の時代は40歳くらいまでは妊娠は問題ないと考えている方も多いです。でも年齢と共に出産するリスクは高くなり、例えば流産や母体への負担、赤ちゃんに何らかの障害が出てしまうなどあります。

年齢が若くても流産することもありますし、赤ちゃんに影響を及ぼすこともあります。

健康で赤ちゃんが産まれることって本当に奇跡だと思います。

私自身はまだ出産の経験がありませんが、赤ちゃんを授かることの難しさを痛感しております。

私の周りで出産を経験されている友人からは、早めに出産しておかないと、体力的にも大変だよ言われますし、身内や周りからの何気ない言葉で、プレッシャーやストレスを感じることもあります。今の時代赤ちゃんを産むことは簡単なことではありません。

実際に婚活中の40代の女性会員さんの半数は、『子供を希望している』という方と『結婚してデキたら産みたいと思うけど年齢が年齢なので諦めている』方と半々の割合で子供について考えています。

もちろん出産を考えている女性の方は、歳が離れていない同年代の若い男性を希望としています。結婚相談所で活動している、40代半ばから50歳前後の男性は30前半や半ばの女性を希望としていますが、お見合いを組むことは正直難しくなります。

 

目次

・理想と現実がかけ離れていませんか?

・アラフォー・アラフィフ世代の結婚観

・少しでも若い方と結婚したいと言う婚活男性の現状

 

理想と現実がかけ離れていませんか?

アラフォー・アラフィフでもごく稀にお見合いが組める条件として、高収入や専門の職に就いている方などそれなりに年齢を気にさせない魅力となるスペックを持ち合わせています。見た目もとても若々しいですね。

例えば、30代女性でも結婚歴・出産経験がある女性も多いですが、お子さんがいる場合の婚活となると、男性側も女性に対して再婚でも子供がいないなら…

もしくは初婚女性が良いと言われるくらいなので、男女の意見が上手く合わない場合も多く、お見合いのセッティングも難しい部分が出てしまいます。

条件にこだわりすぎると活動する範囲を狭めてしまう為、年齢差や条件を受け入れて活動して頂くということもあります。

でも一番大事なことは自分がどうしたいかなんですね!

アラフォー・アラフィフの結婚相談所で活動が思うように上手くいかない男性はまだ目標が定まっていないですね。

 

アラフォー・アラフィフ世代の結婚観

男性の方は大きく分けて2つの意見に分かれます。

1.とにかく子供は絶対に欲しい!でも年齢が一回り以上離れているお相手とはお見合いが組めない。

そして国際結婚も希望していない

→(再婚でお子さんがいるお相手も視野に入れてお相手を探す)

2.子供は諦めているが絶対に結婚したい!

→(同年代・年上も含めたお相手探し)

 

この選択になります。自分の状況が変わらない場合は、方法を考えていなかいと何も変化はおきません。

男性の方はだいたい入会して2~3ヵ月・半年経つと現実が分かり、考え方も変わってきます。しかし、いつまでも考え方を変えられず何年も活動されている方もいます。自分が変わろうとしない方は結婚までの道のりはかなり難しくなるかと思います。

自分がどのような方向性で活動していくのか次第で、アドバイザーの提案や活動方法も大きく変わってきます。

よく芸能人が高齢出産をしたということを耳にしますが、高齢出産の場合、不妊治療する女性の体への負担がとても大きくなります。

以前にもお話させて頂きましたが、今の時代不妊の原因は半分は男性にあると言われています。男性が理想とする女性の年齢は20代後半・30代前半の若い女性と結婚したいという方が多いです。

でもアラフォー・アラフィフの方から見ると、年齢差15歳~20歳以上になります。

女性の年齢が高くなると、出産するリスクは高くなりますし、不妊の影響にもなりますが、それは男性も同じで、男性も年齢が上がると男性の不妊の可能性も高くなります。例え30代前半の女性と結婚できたとしてもアラフォー・アラフィフの男性が妊娠させることができるかどうかは男性の年齢からいうと、とても難しくなってきます。

芸能人の高齢出産は華やかなニュースとして取り上げれていますが、現実問題としては、不妊治療も莫大な費用を掛けて妊活している方も多いですし、子供を授かった喜びが大きく取り上げられているので、自分も大丈夫だと思う方がいますが、費用面・身体のリスク・費やす時間などしっかりと現実的なことも考えてほしいと思います。

 

少しでも若い方と結婚したいと言う婚活男性の現状

結婚相談所で活動しているから、少しでも若い年代とお見合いを組める可能性に掛けたいと言われる方も多いですが、もし30代の女性と結婚出来たとしても授かれなかった場合はどうしますか?

授かれなくても受け入れると大半の方は言われますが、かといって30代前半の方とはお見合いすら組めていません。

お申込みをしてもお断りされます。

今の置かれている自分の現状を分かっていないんですね。

30代の女性が許容範囲とする年齢差はプラス2~3歳になります。

10歳・15歳以上離れた年齢の離れたお相手と結婚する確率はほぼないという表現が正しい位、とても低くなります。

40代半ば~50歳以上の男性はこの現状を分かっていないんですね。

成婚する確率が低い婚活に時間とお金をかけ続け、子供を第一優先しなくても、同年代の方や再婚の方も視野に入れてみたり、結婚する上で一番大事なパートナーと残りの人生を楽しく暮らしていくという結婚生活を大前提にした選択をして、しっかり現実と向きあって活動することも大事ですよ!年齢を重ねていくと頑固になり現実を受け止められない方も多いです。

『少しの可能性に掛けたい』『選ぶ分母を広げて少しでも自分と合う条件の人を探したい』とよく男性からお聞きしますが、分母を(若い年齢の女性に)広げたからといってお見合いを組めるかといったら正直アラフォー・アラフィフの男性が若い年代の女性と成婚する確率はほぼ無いと思ってください。

選ぶ分母を完全に間違えて探している方がこの世代の男性には多いです!

自分の理想を追い求めるだけではなく、今の現状を客観的に理解してほしいと思います。

結婚生活は自分だけの希望や欲求を叶えるだけではありません。

お相手も同じように満たす必要があります。

子供を授かりたいという気持ちはもちろん分かりますがそれ以前にパートナーと幸せに暮らしていくという大切なことがあります。

子供が欲しいという考えはいいですが、本当の幸せは子供を授かることだけではありません。

信頼できるパートナーがいて、お互いに支え合い10年・20年・30年以上経っても、お互い健康で長生き出来て、ずっと側にいてくれる人が結婚相手として最良な方になります。15歳~20歳以上年齢の離れた成功率の低いお相手ばかりを探すより、同年代でも一緒にいて心地よい方を結婚相手として考えていく方が現実的・将来的にも良いのではないかと思います。

そういった現状を分かって婚活されているアラフォー・アラフィフの方は子供もよりも純粋にパートナーがいち早く欲しいと思い活動しているので、成婚までトントン拍子に進みます。子供を考える以前にまずは自分自身としっかり向き合っていくことが結婚相談所で成婚する為にはとても大事な心構えです。

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
tel.090-5344-5529
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加