お見合いが不安。緊張をほぐす方法

初めてお見合いをするときに緊張するのは、当然です。

何度もお見合いを重ねると程よい緊張感になり、お相手がどんな方なのか?冷静に見えるようになってきます。

しかし、お見合い回数が増えすぎるのは、時間や費用も掛かり疲れますので、婚活をやめることになりかねません。

ベテラン仲人が、お見合いの不安を少なく出来る方法を教えちゃいますね。

 

1.緊張する理由

2.事前準備をしっかりしましょう

3.最初は多少失敗しても仕方がないと思い込む

4.婚活アドバイザーに同席してもらう

5.まとめ

 

1.緊張する理由

緊張は「交感神経系」が活発になることにより起きると言われてます。心拍数の増加や、腹痛などの症状が起きる方もいます。

「落ち着きがなくなる」と心理的に不安になる一方で、適度な緊張感は「集中力が増す」効果もあります。女性は緊張すると、表情が引き締まり、背筋もピンと伸び、それが美しく見える要素にも繋がります。

 

2.事前準備をしっかりしましょう

はじめてのお見合いは誰もがかなり緊張してしまいます。緊張を和らげるには事前準備をしっかり行うことで、緊張が少し和らぐでしょう。

まず、前日までにお相手のプロフィールを見て暗記して、質問したいことを書き出すのもいいかもしれません。

事前の情報に沿って話を進めると、会話のキャッチボールがスムーズになり、自然と緊張感が和らいできます。

 

3.最初は多少失敗しても仕方がないと思い込む

初回はどうしても緊張してしまいますが、2回目以降は徐々に慣れていくことがほとんどです。

「緊張してます」と素直に気持ちを打ち明けてみてはいかがでしょうか?

お相手も緊張してますので、共感を得られ、良い雰囲気になるきっかけになります。

最初のうちは、多少失敗しても仕方がないと思っておけば気持ちも楽になりますね。

 

4.婚活アドバイザーに同席してもらう

どうしても緊張から逃れられない時は、婚活アドバイザーに仕切ってもらいましょう。二人きりでも大丈夫と思えるまで、同伴のお見合いををおススメします。

会員様からお見合い前に「お相手に会えない」と連絡が来ることがあります。

お席での待ち合わせなら確実に会えますが、ラウンジの入口付近の待ち合わせだと、時間によってはお見合いの方がたくさんいらっしゃいます。

初めて会う方に「○○さんですか?」と尋ねる時点で、「もし違ってたら失礼」と思い緊張感が半端なくなります。

そのまま、お見合いに突入すると緊張をしたままお見合いになってしまい、何がなんだか分からなくなり、とんでもない態度を取ってしまう場合もあります。

婚活アドバイザーは、お二人の引き合わせから、自己紹介、自分では聞きにくい質問などをスムーズに聞いてもらえます。

お見合いでの話題も想定してお話を致しますので、緊張が和らいだ頃に、2人っきりでゆっくり会話ができますよ。

 

5.まとめ

これから先、一生を共にするお相手だと思うと緊張するのは当たり前のことです。

ほどよい緊張感は、女性をきれいにみせてくれるエッセンスになります。

お見合い時間15分前には到着して、トイレで鏡を見て、メイクを直してください。

そして「息を吐いて、吸ってください」緊張をしてる時は、過呼吸の状態になってます。そこにまた吸うと呼吸が苦しくなってしまいます。

もう息を吐けないと思うまで吐き続け、その後鼻から息を吸ってください。それから、自然とすーっと口から息を吐きだし、自然な呼吸にすると効果的です。

この深呼吸により、肺に新しい空気を取り込むことで緊張が和らぎます。

ワンダブルハウスでは、事前にお見合いの模擬練習をして、細かなアドバイスをしております。もちろん、お見合いに慣れるまで同行もしております。

 

この記事を書いた結婚相談所

ワンダブルハウス

愛知県瀬戸市田端町1-2-1
ワンダフルな結婚生活を迎えるため、出会いから交際までのお手伝いをさせて頂きます。
会員様への面談を定期的に行っており、結婚したい方の条件などを聞き その人に合った方とのお見合いを組んでおります。また、お見合いの取り組み方の練習や交際を続けていく上で良好に進んでいくように 細やかなアドバイスをしております。
友だち追加