「婚活するの疲れた・・・」女性が婚活に疲れたときの対処法は?

婚活疲れの原因と対策

結婚相談所で婚活すれば、素敵な男性と出会えて結婚できるはず!
期待に胸ふくらませ意気揚々と婚活をスタート。しかし現実はそれほど甘くはなく、なかなか良い男性と出会えない。
「もう婚活するの疲れたし・・・、もう婚活止めようかな」婚活が上手く行かないと誰もが止めたくなってしまいますよね。

なぜ、婚活が疲れしまうか?その原因と対処法を調べてみました。

 

目次

1.婚活疲れの原因は?

 ・1-1.理想の男性に出会えない

 ・1-2.断れてばかり

 ・1-3.頑張りすぎた

2.婚活に疲れたら?

 ・2-1.婚活を少し休む

 ・2-2.婚活優先を止める

 ・2-3.男性への条件を見直す

 ・2-4.自分を責めない

 ・2-5.自分にお金を使う

3.まとめ

 

1.婚活疲れの原因は?

1-1.理想の男性に出会えない

「喋ってくれない」、「デート代を割り勘にされた」、「私服が変」、「せっかく交際になったのにデートに誘って来ない」、お見合いしてもなんだか変わっている男性とばかり出会う。「お相手への希望条件も高くしている訳じゃないし、ただ普通の男性と出会いたい!」そう思っている女性は多いです。婚活を始めたばかりの頃は「次の男性に期待」と自分自身を奮い立たせることが出来ましたが、何度も続くと心が折れてしまいますし、だんだん理想の男性に出会えないじゃないかと感じてしまいます。

 

1-2.断れてばかり

例え、素敵な男性でもお互いが気に入らければ、交際にもなりませんし結婚も出来ません。あなたが素敵な男性と思っても、お相手からの返事がNOばかりだと自分自身を否定された感じがして、だんだんと気持ちが落ちてしまいます。婚活と言えども断られれば誰しも傷つきます。断られることが続けば「自分は婚活市場で価値がないのかも」という気持ちになり、アタックする気力がだんだんと無くなって来てしまいます。これでは婚活が疲れてしまうのも当たり前です。

 

1-3.頑張りすぎた

「何人もの男性と同時進行」、「たくさんの人と会えば、必ずその中に白馬の王子がいるはず!」、「本当の自分を隠して、いつもお相手の男性に合わせばかり」、「自分磨きにも積極的に投資している」服や勉強にいっぱいお金を使い、デートになれば男性に対して気を使って、休みの日は婚活優先。休日のスケジュールは埋まってしまい、これでは心を休める日がありません。頑張れば頑張るほど、気力も体力も力尽きてしまいます。

 

2.婚活に疲れたら?

婚活に疲れている時は、どんどん自信が無くなって行きます。「婚活を続けなければ」という罪悪感や焦りで婚活を続けても素敵な男性とは出会えません。まずは本来の自分を取り戻して!

 

2-1.婚活を少し休む

年齢のことを考えたら休むなんてあり得ない!休むことが不安に思うならば1ヶ月でもいいので少し婚活から距離を置いてみましょう。本来の自分に戻るための充電期間です。「もう結婚は諦める」になる前に休息をとって、頭と心をリフレッシュさせましょう。

 

2-2.婚活優先を止める

婚活を休むのではなく、今まで婚活優先でスケジュールを埋めていたのを止めることです。ゆっくりする時間を作ってみるのもいいですし、いい気分転換にもなる為、友達と旅行に出掛けてみるのも良いでしょう。綺麗な景色を見て、美味しい物を食べて、リフレッシュすることで婚活にもいい影響が出るかもしれません。

 

2-3.男性への条件を見直す

男性に対する条件があると思います。年収、身長、学歴、容姿など。しかし条件を多くすればするほど、対象となる男性は少なくなります。
全ての条件を無くして妥協する訳ではありません!男性選びの条件を1つ2つ減らすだけで、今までとは違う男性と出会えるかもしれませんよ。

 

2-4.自分を責めない

お相手からお断りされても「私はダメな女性」など、自分を責めない。婚活では相性の違い、価値観の違い、タイミングの違いで断れることがあります。それはあなたが悪いわけではなく、ただただご縁がなかっただけです。自分のことを責めなくても大丈夫!

 

2-5.自分にお金を使う

自分の欲しい物を買ったり、美味しい物を食べに行ったり、旅行に行ったり、映画を観たり、婚活以外にお金を使ってみましょう。気持ちがリフレッシュされますよ。

 

3.まとめ

婚活が上手く行かないと誰しも疲れてしまいます。決してあなただけではありません。「少し婚活に疲れたな」と思ったなら、その時あなたが一番したいことをすればいいのです。婚活に疲れた状態で続けても、あなたの魅力は伝わりません。年齢のことで焦る気持ちはあるかもしれませんが、疲れた時は立ち止まる勇気も大切ですよ。