お見合いパーティーで成功する3つのポイント

お見合いパーティや婚活パーティに参加されている会員様から「なかなかカップルになれない」や、「いい人に恵まれない」なんてお話をよくお聞きします。理想のお相手を探す1つの方法としてぜひご活用いただきたい婚活・お見合いパーティではありますが、そこで失敗しないための3つのポイントを今回はご紹介させていただきます。

 

目次

1:まずはお見合いパーティの選び方が重要

 ■着席型パーティー

 ■フリースタイル型パーティー

 ■イベント型パーティー

2:自己紹介カードの書き方で相手の印象が変わる

 ■自分の個性・特徴を恥ずかしがらずに記入しましょう

 ■変な先入観を与えるネガティブ情報は避けましょう

3:相手に好印象を与えるためのファッションポイント

 ■男性は季節感のある服装を。迷ったらスーツ

 ■女性は華美になりすぎず、シンプルを心がけて

 ■”指の先”まで清潔になっているかを意識して

まとめ

 

1:まずはお見合いパーティの選び方が重要

お見合い・婚活パーティは多種多様化しておりますが、大きく分けると3つのスタイルがあります。
それぞれに特徴がありますので自分に合ったスタイルを選ぶことが重要になります。

 

■着席型パーティー

「お見合いパーティー」と聞くとまず思いつく基本的なスタイルが、この着席型パーティーです。
全員が決められた席に座り、司会者の進行に従って異性とトークをしていきます。
基本的には男女が1:1で数分間のトークをするということを順番に繰り返し、全員とコミュニケーションをとることができます。
最後に第3希望程度までご記入頂けるカップリングカードを提出し、カップルが成立すると連絡先を交換できるというのが一般的な流れです。
「自分から話しかけるのが苦手」「1対1でお話がしたい」という方に向いているのが、この着席型パーティーです。

 

■フリースタイル型パーティー

自由に歩き回って気になる異性と話ができるスタイルです。
レストランやバーなどを借し切って、立食スタイルで行われることが多いですが、このスタイルの魅力は、何と言っても気に入った相手と時間無制限でおしゃべりできることです。
「自分からどんどん話しかけるのが得意」「とにかく明るくノリがいい」という社交的な方にピッタリです。
反面、ちょっとシャイな方や、多くの方と話したいと思われる方には向いていないかもしれません。

 

■イベント型パーティー

共通の趣味を持った方のでイベント形式でお話ができるスタイルです。
ランニングなどのスポーツやハイキング、料理教室といったイベントを通じて異性と出会うのがイベント型パーティーです。
同じ趣味を持つ人と出会えることや、共同作業を通じて自然にお互いの良さを知ることができるのが、このスタイルのメリットです。
「自然なムードで異性と仲よくなりたい」という人や、「自分の得意な趣味を活かした婚活がしたい」という人。
ただし、イベント型パーティーも基本的にはフリートークで異性と話さないといけないので、1対1で落ち着いて話したい人は、「着席型」を選んだほうが無難かもしれません。

 

2:自己紹介カードの書き方で相手の印象が変わる

自己紹介カードは自分のイメージを相手に伝える大事な要素の1つ。
このカードの書き方1つで、お見合いパーティ中の会話が盛り上がるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。
「たかがカード……」などとは思わず、ポイントをしっかり押さえて相手へのスムーズな自己紹介を心掛けましょう。

 

■自分の個性・特徴を恥ずかしがらずに記入しましょう

お見合いパーティの自己紹介タイムで相手との話を膨らませられるよう、自己紹介カードの記入欄はできる限り、埋めるようにしましょう。
「オタク趣味だから、敬遠されないかな……」と心配される方もいるかもしれませんが、自分を偽ってカップルになっても、その後が長続きしません。
とは言ってもいきなり「深すぎる世界」を見せてしまうと相手に不安を与えるようにになりかねません。
例えば【休日の過ごし方】欄に「登山」と書くと、「ストイックな人なのかな? ついていけるかな……」と不安を感じさせてしまうかもしれません。
この場合、「アウトドア」くらいの広義のとれる書き方をしておいて、「川辺でバーベキューでも」といった話から、相手の反応をうかがっていくのがよいでしょう。
特に男性の方は、具体的に書きすぎてしまう傾向がありますから、自己紹介時には気を付けるようにしてください。

 

■変な先入観を与えるネガティブ情報は避けましょう

ネガティブ要素や、相手を限定してしまうことは書かないように心がけましょう。
例えば【好みのタイプ】を書く欄に、「専業主婦になることを認めてくれる人」「ニンジン嫌いを許してくれる人」と書きこむのはNGです。
「絶対に共働きは嫌だ」「何があってもニンジンは食べたくない」というのなら話は別かもしれませんが、ネガティブな情報、相手を選んでしまう情報はお相手に強烈な先入観を与えてしまいます。
本当は「私、ニンジンがちょっと苦手なんだけど」くらいのお茶目なところをアピールするつもりだったとしても、「この人とは話したくないな」と思わせてしまいかねません。
共働きするかどうかは夫婦になることを本気で考え始めてから話し合えばいいことですし、ニンジン嫌いも料理の主導権を握ってしまえば済む話です。
そう考えると、お見合いパーティーでの自己紹介カードには「家庭のことも大切に考えてくれる人」「私の料理を美味しく食べてくれる人」とポジティブな書き方をすることが望ましいです。

 

3:相手に好印象を与えるためのファッションポイント

「第一印象は3秒で決まる」と言われています。見た目や服装は第一印象を決める大切な要素。
ただし、「イケメン!」「キレイ!」とまで思われる必要はまったくありません。

 

■男性は季節感のある服装を。迷ったらスーツ

確かに、シャツ+ネクタイ+ジャケット/スーツといったスタイルは見栄えがいいですし、カッコよく見えるのは事実です。
迷ったら定番の服装に走るのも悪くありません。
ただ、スーツでなければダメというわけでもありません。
さすがにジーパン+Tシャツはマズイですが、キレイなジーンズにポロシャツ、ジャケットを合わせるなど、季節感を意識した清潔感のある服装なら好感度も上がりますよ。
”婚活パーティー”や”お見合いパーティー”と聞くとすごくお洒落にしなければいけない?という
先入観を持ってしまう人もいるかもしれませんが、気負いすぎる必要はありません。
自然体な自分らしさある服装で、季節感も意識しながら選んでみましょう。

 

■女性は華美になりすぎず、シンプルを心がけて

せっかくのお見合いパーティーなので、カッコよくor可愛く見せたいと思うのは、誰しも同じでしょう。
しかし、普段以上に着飾ったりしても、どこかにほころびが出てしまいます。
無理してオシャレするよりも、大切なのは季節感・清潔感があるかどうか。
男性でも女性でも、さわやかで清潔であればあるほど、異性に好かれる確率が上がるのは間違いありません。
「婚活パーティーだから」「お見合いパーティーだから」と気合いを入れすぎず、シンプル・清楚な服装を心がけましょう。

 

■”指の先”まで清潔になっているかを意識して

昨今では、オシャレの一環としてヒゲを生やしている男性も多いでしょう。
好き嫌いは分かれますが、清潔感のないヒゲは間違いなくマイナスです。
剃るのが嫌ならキチンと整えて、あくまでオシャレとして見られるように気を使いましょう。
また、これは男女ともに言える話ですが、指先は意外と相手に見られているポイントです。
こってりマニキュアで塗り固める必要はありませんが、不精に伸びていたり汚れていたりしないよう、日々のケアをお忘れなく。
相手に清潔感を与えることを第一に、“指の先”まで清潔感を与えること心掛けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
婚活・お見合いパーティにご参加される際はぜひこの3つのポイントを心掛けてみてください。
楽しい婚活・お見合いパーティでぜひ理想のお相手を見つけてくださいね。

 

この記事を書いた結婚相談所

ソレイユ

名古屋市中区栄3-7-4トーシンサクラビル10F
tel.090-2924-5547
ソレイユでは専属コンシェルジュが出会いから結婚までをトータルコーディネート。お一人で悩まず、ぜひご相談ください。
婚活は…心が何度も折れそうになります。理想の相手とご縁ができるまで・・・決して簡単ではありません。
そんな時、コンシェルジェが会員様に寄り添い励ましコンサルティングいたします。
友だち追加