TOP >  結婚への第一歩 「婚活ノウハウblog!」 > お見合い未経験の方でも安心!お見合いでのルールとマナー

お見合い未経験の方でも安心!お見合いでのルールとマナー

お見合いルールとマナー

f516a07f4ba5b92d1a082fd18bc12b9a_s結婚相談所の活動で、避けては通れないのがお見合いです。
相談所でのお見合いでは、暗黙のルールとマナーがあります。
ルールとマナーを知らなかっただけで、お断りされてしまうことも!
ルールとマナーは、それぐらい重要になって来ます。

今回は、「知らなくて損してしまった」とならない様に、お見合いでの暗黙のルールからマナーまでをご紹介したいと思います。
事前にルールとマナーを学んで、少しでも交際へつながる確率を上げましょう。

 

目次

1.お見合い活動編

 ・1-1.お見合いを申し込む

 ・1-2.お見合い申し込みの返事

 ・1-3.お見合いの日程調整

2.お見合い当日編

 ・2-1.お見合い開始時

 ・2-2.お見合い中での会話

 ・2-3.お見合い当日の時間

3.お見合いの終わりのマナー

 ・3-1.お見合いでのお会計

 ・3-2.近くの駅まで送る

 ・3-3.交際の返事

4.お見合いでお断りされる理由

5.まとめ

 

1.お見合い活動編

1-1.お見合いを申し込む

お見合いの申し込みをしたら、「やっぱり会うのが面倒」など、自分の都合で取り消すことは出来ません!
お見合い申し込み後、相手からお見合いOKの返事が来た場合、必ずお見合いすることになります。

 

1-2.お見合い申し込みの返事

お見合いの申し込みを受けたら、出来るだけ早く返答(1週間)をしましょう。
お見合い申し込みから、返事の返答までに日数が空いてしまうと、お相手の熱も冷めてしまいせっかくのご縁を逃してしまう可能性があります。
返事をしないのはお相手に失礼となりますので、出来る限り断る場合でも返答をしましょう。

 

1-3.お見合いの日程調整

双方がお見合いOKならば、お見合いが可能な日程を担当仲人になるべく早く伝えましょう。(2~3日を目安に)
お見合い決定からお見合いまでの日にちが空いてしまうと、お見合いの返事と同様にお相手の熱も冷めてしまいます。
お見合いOKから日数を空けないで、お見合いをする事で、交際につながりやすくなります。

●お見合い場所
主にホテルのコーヒーラウンジでお見合いをします。

お見合いが決まったら、相手のプロフィールを見て、お見合い当日の話題を考えておくと良いでしょう。
特に相手のプロフィールを見るだけではなく、インターネットで事前にリサーチしておくことでお見合い当日の話題に困りません。

 

2.お見合い当日編

お見合い当日での遅刻はマナー違反です!お見合い会場に10分前には到着しておきましょう。
万が一お見合い時間に遅れてしまう場合、担当の仲人に早めに電話で伝えましょう。

 

2-1.お見合い開始時

「○○さんですか?○○です。今日はよろしくお願いします。」と
お見合い相手を見つけたら、男性から女性に声を掛けてあげましょう。
男性は女性に対して、来てくれたことへのお礼などを伝えると好印象です。

もちろん喫煙はNGですし、携帯はマナーモードにしておくと良いでしょう。

●服装
【男性】
スーツまたはジャケットになります。夏場などは、ネクタイの着用を迷うと思います。担当仲人によって見解が違いますので、スーツの場合は暑くてもネクタイを着用する方が無難です。
またTシャツやジーンズで、お見合いに臨むのはマナー違反です。
服装だけではなく、爪・髪型・鼻毛など清潔感を出すことを意識しましょう。

【女性】
露出の多い服装や派手で奇抜な服装は避けましょう。
ワンピースやシックなスーツがいいとされています。もちろん濃い化粧なども避けた方が無難です。

 

2-2.お見合い中での会話

フィーリングが合わない、タイプじゃないからといって、不機嫌な態度はマナー違反です。

お見合いでの会話・態度NG集
・結婚への希望条件
・自慢話
・自分の話かしない
・他人の悪口
・なぜ結婚相談所に登録しているのですか?
・仕事の愚痴
・お相手の婚活歴やお見合い回数
・貧乏ゆすり
・相手の話を聞かない
・お見合い中にたばこを吸う
・連絡先を聞こうとする
・声が大きい
・まったく喋らない
・偉そうな態度

お見合いでの話題は、事前にお相手のプロフィールを見ておきましょう。
特に趣味などは、話を広げることが出来る項目の1つです。可能であれば相手の趣味についてインターネットなどで、事前に調べておくと会話が広がりやすくなります。
また、普段の服装などについても話題にしやすい内容です。
男性も女性も相手から話題を振ってもらうのを待つのではなく、あなたから相手に話題を振りましょう。
あなたが話が苦手でも気にする必要はありません。一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれている姿勢は、相手にも伝わります。

 

話題に困ったときの会話マル秘テクニック

仲人 奈々
会話に困ったら自分の好きなことや考え方を伝えながら質問すると良いですよ。
例えば「私は魚が好きですけど、〇〇さんは好きですか?」もし好きならば「お勧めのお店はありますか?」など会話を広げることが出来ます!しかも自分の趣味・趣向も伝えられて一石二鳥

 

2-3.お見合い当日の時間

お見合いの時間は、1時間~1時間半ぐらいを目安にしておきましょう。「もう1度、会ってみたい」と思ってもらえることが重要です。
特に男性は、気に入った女性に対して、いつまでも話をしていたくなりますが、しかし女性も初対面の人と会っているのですから、緊張や気疲れなどで疲れてしまいます。
次回のデートにつなげる為に、1時間~1時間半ぐらいでお見合いを切り上げましょう。

 

3.お見合いの終わりのマナー

お見合いが終わっても気を抜いては行けません!お互いが別れるまでがお見合いです!

3-1.お見合いでのお会計

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_sお見合いでのお茶代は、男性が支払うのがマナーです。
※お相手の仲人のお茶代も男性が支払います。
お茶代を割り勘にしてしまうと、せっかく気に入ってもらっても、それだけでお断りされる可能性が高くなってしまいます。

女性は男性におごってもらって当然という態度はNGです。
「ごちそうさまです」と一言お礼を添えることで、相手に与える印象が良くなります。

 

3-2.近くの駅まで送る

お互い車ではない場合、駅まで送ることで一緒に歩くことで相手に好印象を与えます。
特に夜の時間からのお見合いならば、なおさら女性を1人で帰らせるのではなく、人通りが多いところまででも良いので送ってあげましょう。

 

3-3.交際の返事

お見合いが終わったら、当日または翌日には、担当仲人にお見合い結果を報告しましょう。
お見合いの結果報告までに、時間が掛かってしまうと、お相手の熱が冷めてしまいます。
お見合い結果の返事はあまり重く考えず、「もう一度会ってもいいかなな」と思った場合は交際OKの返事をしましょう。

お互いが交際OKならば連絡先の交換をします。ファーストコンタクトは男性からするのがマナーです。
お見合い時に、相手の連絡先を聞くことはマナー違反です。
連絡が翌日以降になってしまう場合、仲人を通して理由をお伝えしてもらうか、メールなどでお相手にお伝えしましょう。
連絡が無いとお相手も不安になります。お相手を不安にさせないのもマナーの1つです。

 

4.お見合いでお断りされる理由

奈々さん
男性も女性も、お見合いでお断りされる理由は様々です。お断りされる主な理由はご紹介します。

 

奈々さん
●男性が女性を断る理由
・派手なネイル
・ブランドものばかり身に着けている
・こちらが話すまで話さない。話題を振ってくれない
・自分が興味ない話には反応しない
・いきなり結婚後の生活の条件を言ってくる
・聞いてもちゃんと答えない
・趣味をおもいっきり否定された
・お見合いの回数や婚活の活動状況を聞かれた
・「ご馳走様です。」とお礼を言わない
・価値観が違う
・お見合い中にメールチェック
・上から目線
・写真と実物があまりにも違った

 

奈々さん
●女性が男性を断る理由
・話がつまらない
・コーヒー代を割り勘にされた
・こちらが話すまで話さない。話題を振ってくれない
・自分が興味ない話には反応しない
・いきなり結婚後の生活の条件を言ってくる
・聞いてもちゃんと答えない
・趣味をおもいっきり否定された
・お見合いの回数や婚活の活動状況を聞かれた
・自慢話ばかり
・価値観が違う
・お見合い中にメールチェック
・上から目線
・スーツが体のサイズと合っていない
・初対面でタメ口だった
奈々さん
意外にも男性も女性も断る理由は似ています。交際につなげる為にも、お見合い当日は意識しておきましょう。

 

5.まとめ

ご紹介した内容は、結婚相談所でのお見合いマナーとルールです。お見合い当日の服装や会話内容など、具体的に知りたい時は、担当仲人に確認してみると良いでしょう。
お見合いでのマナーとルールも大切ですが、結局は、お見合いを進めるのは2人です。失敗することを気にせず、あなたらしく振る舞うことを意識してお見合いに臨んで下さい。
ルール違反やマナー違反はいけませんが、お見合いでもっと大切なのがルールやマナーではありません。
目の前の人に向き合うことです!
もしかすると目の前の人は、結婚する運命の人かもしれませんよ。



結婚の学校
婚活するなら良縁会の結婚相談所 婚活ブログ