TOP >  結婚への第一歩 「婚活ノウハウblog!」 > お見合いが組めないなら3つのことを改善する!

お見合いが組めないなら3つのことを改善する!

せっかく結婚相談所に入会したのに、全然お見合いが組めません(泣)

e7f2e2680db7f8a8220897b2fe118465_sお金を払ってせっかく結婚相談所を利用したのに、まったく成果が出ない・・・。
お見合いすら受けてもらえない・・・。

結婚相談所に入会すると、多くの方が直面する悩みです。なかなかお見合いを組むのが大変なのは、決してあなただけではありませんよ。
しかし結婚まで行くには、お見合いを受けてもらったり、申し込んでもらったりしなければ、次のステップには行けません。

そこで、お見合いまで行く為の改善策と、お見合いが組めないその理由を解説します。
少しご自身を変えるだけで、お見合い成立の件数が変わりますよ。

 

目次

1.お見合いが組めない理由って何?

 ・1-1.お見合いが組めない確率が高い人ばかりに、お見合い申し込みをしている

 ・1-2.釣り合っていない方にお見合い申し込みをしている

 ・1-3.タイミングの問題

 ・1-4.申し込み人数が少ない

 ・1-5.顔や雰囲気がお相手のタイプではない

2.お見合いを組むコツ

 ・2-1.お見合い申し込みの件数を増やす

 ・2-2.お相手の条件の幅を広げる

 ・2-3.ご自身のプロフィールや写真を見直す

3.それでもお見合いが組めない時は?

4.まとめ

 

1.お見合いが組めない理由って何?

1-1.お見合いが組めない確率が高い人ばかりに、お見合い申し込みをしている

黙っていても、お見合い申し込みがたくさん来る方もいます。
男性ならば、高身長、高年収、高学歴の3高プラス大手企業勤務のイケメン。
※イケメンの定義はここでは置いといて。
女性ならば、若くて容姿端麗な方。
この様な条件の人たちには、あなただけではなく他の人もお見合い申し込みをしています。人気の会員であれば、必然的に競争率も高くなってしまいます。
お見合いの申し込みが多過ぎて、あなたのプロフィールちゃんと読んでもらえていない可能性があります。

たくさんのお見合い申し込みの中から、あなたを選んでもらうには、男性ならば相当の好条件、女性ならば若さなどの「強み」が必要になりますよ。

 

1-2.釣り合っていない方にお見合い申し込みをしている

残念な話ですが、婚活にはご自身の市場価値という物があります。あなたの婚活での市場価値と釣り合っていない人に、お見合い申し込みしても、なかなかお見合いまで行けません。
よくある事例、高卒の男性が大卒の女性に、お見合いを申し込んでも断れる事が多いです。女性も同じと言えます。
または年齢の差で判断されたりもします。40代男性が20代女性にお見合い申し込みをしても、余程のことが無い限りお見合いを承諾してもらえません。

 

1-3.タイミングの問題

お見合い申し込みしたお相手が、すでに別のお見合いを受けてしまっている場合などはお断りされます。この場合あなた自身に問題がある訳ではなく、単にその方とはタイミングが合わなかっただけです。この場合、断られた訳ではありませんので、気にしないことが1番です!
簡単な言葉で片づけるのは良くありませんが、「ご縁が無かった」と割り切るしかありません。
もちろんお見合いの結果次第では、あなたにチャンスが巡ってくることもありますよ。チャンスが巡ってくることを待つよりも、会える人とのご縁を大切にしましょう。

 

1-4.申し込み人数が少ない

お見合いを承諾してもらうコツは、お見合い申し込みの数を増やすしかありません。
10人前後の申し込み件数では、お見合いまでいたらないケースがほとんどです。

 

1-5.顔や雰囲気がお相手のタイプではない

タイプは人それぞれあります。これは仕方がありません。お断りされれば気持ちの良いものではありませんが、「タイプは人それぞれある」と割り切って気にしないことが1番です。

 

2.お見合いを組むコツ

2-1.お見合い申し込みの件数を増やす

5人にお見合いを申し込んで、5人の人からお見合い承諾をもらえるのはことはまれです。だいたい10~15人ぐらいお見合い申し込みをすると、1件お見合いが成立するかどうかが一般的な確率です。
積極的にお見合いを申し込んで、会える人とのご縁を大切にして行きましょう。

仲人 奈々さん
ワンポイントアドバイス!
数打てば当たるではないですが、ファーストステップはお見合い申し込みをたくさんすることです!

 

2-2.お相手の条件の幅を広げる

どうしても譲れない条件は変える必要はありませんが、妥協できる部分の幅を広げることは大切です。
例えば、お相手の年齢ならば条件を「35才以下」とこだわるのではなく、プラス2~3才上の方まで選択肢の幅を広げることにより、お見合い成立の確率が高まります。

仲人 奈々さん
ワンポイントアドバイス!
あなたが妥協できる部分を考えてみよう。

 

2-3.ご自身のプロフィールや写真を見直す

プロフィールの自己PRを見直してみましょう。2~3行で終わってしまうようなプロフィールになっていませんか?
自己PRを考えるのが面倒だからと言って、何も書いていないのは論外です。ご自身で考えるのが照れくさいならば、
仲人や周りの友人に、あなたの良いところを言ってもらい参考にしましょう。

そして、プロフィールで1番重要なのがお見合い写真です。お見合いは写真で決まると言われているぐらいプロフィール写真は重要です!
事実、プロが撮影したプロフィール写真にお見合い申し込みが殺到しています。
スナップ写真や自撮りの写真を使用しているならば、良い条件の方とお見合いできないと思って下さい。
結婚相談所での婚活はお見合い写真の撮影から始まる!

【お見合い写真NG】
・腕組写真
女性の感想では偉そう、上から目線に見えるそうです。
・自撮り写真やスナップ写真
お相手に婚活への本気度が伝わりません。
・ポケットに手を突っ込む
お相手に軽い印象を与えてしまいます。

奈々さん
ワンポイントアドバイス!
お見合い写真について、意外に気にしないのが服装や髪型です。フォトスタジオで写真を撮ればなんでもOKという訳ではありません。写真の内容も重要になります。身体に合っていない大きめのスーツはNGです。またお見合い写真では、ボサボサの髪型ではなく、清潔感のある髪型でお見合い写真を撮影すると良いでしょう。

 

3.それでもお見合いが組めない時は?

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_sお勧めなのが、結婚相談所や連盟が主催している婚活パーティーに参加することです。特に、ご自身の条件に自信がない方や、人柄で選んでもらいたい方にはお勧めです。
婚活パーティーならば、ご自身の条件関係なくお相手と話すことが出来ますので、人柄で選んでもらいやすくなります。どうしてもお見合いが組めないのならば、婚活パーティーに参加することで、ご縁を掴むきっかけになるかもしれません。

 

4.まとめ

お見合いを組む為に出来ることはたくさんあります。「お金を払ったんだからなんとかして!」と他力本願では、婚活は上手く行きません。あなた自身も努力が必要です。
「今のままの自分を選んで欲しい!」では、なかなか成婚には至りません。あなた自身が全てを変える必要はありません。変えられる部分を少し変える努力をしてみると良いでしょう。
また、婚活中で大切な考え方が「選ぶ自分」ではなく「選ばれる自分」になるという意識です。
あなたのことを「選んでくれた」人の中から「選ぶ」ことが、成婚のコツになります。

 



結婚の学校
婚活するなら良縁会の結婚相談所 婚活ブログ