TOP >  結婚への第一歩 「婚活ノウハウblog!」 > 結婚相談所で結婚できない人の特徴はこれだ!

結婚相談所で結婚できない人の特徴はこれだ!

これが結婚相談所の現実!

「理想の相手と結婚したいと思って結婚相談所に登録したのに、結婚相談所では理想の相手と出会えない・・・」
「結婚相談所が最後の砦だと思ったのに、このままじゃ結婚相談所で結婚できない。」

こんなこと思ってませんか?

残念ながら結婚相談所で活動したとしても、誰もが結婚できる訳ではありません。
実際の成婚率も10%程度と言われているぐらいです。

結婚できない理由は様々ですが結婚できる人・結婚できない人、それぞれ行動や考え方に共通点があります。
長年の仲人の経験から、結婚相談所で結婚できた人・できない人の特徴をお伝えしたいと思います。

結婚する最大のコツは、結婚できた人のマネをすることです!
目指せ成婚!記事を参考して頂き成婚率10%の中に、あなたも入って下さいね。

 

目次

1.結婚相談所で結婚できる人

 ・1-1.内面をみる

 ・1-2.お相手に興味を持つ

 ・1-3.何事にも積極的に取り組む

 ・1-4.お相手の立場になって考えられる

 ・1-5.素直

 ・1-6.決断できる

2.結婚相談所で結婚できない人

 ・2-1.高望みしすぎる

 ・2-2.失敗を他人のせいにする

 ・2-3.あら捜しをする

 ・2-4.頑固

 ・2-5.モテる人

3.まとめ

 

1.結婚相談所で結婚できる人

1-1.内面をみる

お相手を選ぶ際、容姿や条件も重要ですが結婚相談所で結婚できた人ほど、「仕事を頑張ってる人」や「優しい人」など、お相手の良いところや内面を重要視している傾向があります。お相手を選ぶ際、条件や容姿よりも、一緒にいて楽しい結婚生活を送れるかどうかの方が大切なのかもしれません。

 

1-2.相手に興味を持つ

私に興味を持ってではなく、お相手に対して興味を持てる人です。お相手の趣味、考え方、生活スタイルなど、お相手のことを知ろうとする姿勢が大切です。
男性は自分に対して興味を持っていることが分かると、とても喜びます。お見合い中でも質問されるのを待つばかりではなく、あなたから積極的に質問してみると交際につながりやすくなりますよ。逆にあからさまに興味のない素振りをする人は、結婚どころか婚活が上手く行きませんよ!

 

1-3.何事にも積極的に取り組む

2~3回お見合いを申し込んで、断られると落ち込んでしまいお見合い申し込みをしなくなってしまう人がいます。人は誰しもお断りされれば、凹みますし落ち込みます。しかし結婚できる人ほど、いつまでも落ち込んでいません!すぐに気持ちを切り替えて、自分から積極的にお見合い申し込みをして行きます!婚活において待っていることはマイナスでしかありませんし、お見合い申し込みが来るのを待っているだけでは結婚まで辿り着けません。

 

1-4.お相手の立場になって考えられる

自分の都合ばかりを要求したり、行動したりしている人は、なかなか結婚まで辿り着けません。お相手の立場になって考えるとは「気持ちを受け入れる」や「相手のことを理解する」など、難しいことを考えてしまいそうですが、それよりも「お相手のことを考える」ことが大切です。
ただ「考える」だけで十分です。お相手のことを「考える」ことにより、喜ぶことなどが分かりお相手のことが徐々に見えて来るのではないでしょうか。

 

1-5.素直

どの仲人さんも口を揃えて言うのが言葉が素直さです。仲人が良かれと思ってアドバイスをしても、本人が受け入れなければ意味がありません。
仲人やカウンセラーのアドバイスを受け入れる人ほど、交際から結婚までが早い傾向にあります。

 

1-6.決断できる

婚活が進んで行くと「交際を続ける」「交際を断る」「結婚する」などの決断をしなければいけないシーンが多く出てきます。結婚ともなると今までの環境がガラッと変わってしまう為、決断することには勇気がいると思います。悩んだ時、絶対にアドバイスを求めてはいけないのが、周りにいる未婚女性です。周りの情報に惑わされず、決断する時は自分とお相手を信じて!

 

2.結婚相談所で結婚できない人

2-1.高望みしすぎる

結婚相談所に入会する前の目的は結婚だったのに、いつの間にか目的がハイスペックなお相手ばかりを望む人探しに変わってしまっていることがよくあります。ハイスペックなお相手は人気があり、その分、競争率も高くなります。
身長、学歴、年収、年齢、最後に容姿!全ての条件を満たした方と出会えるのは、結婚相談所と言えども稀です。理想よりも身長が少し足りないからダメ、身長が少し足りないからダメ、このような理由でお断りしたとよく聞きます。これはとてももったいないことです。あなたの理想を通りの完璧な人なのどいませんよ。

 

2-2.失敗を他人のせいにする

誰しも傷つきたくはありません。「振られたのは相手が悪い」「私の良さが分からない」「あの人の〇〇が嫌」、自分を守りたいがあまりに、婚活が上手く行かない理由を他人のせいにしてしまいがちです。相手は変えれません。原因を自分に持っていかなければ、いつまで経っても前に進めませんよ。
選ばれない理由をお相手のせいにするのではなく、原因を自分に置き換えて改善点を考えてみると良いでしょう。

 

2-3.あら捜しをする

「あれがダメ」「これがダメ」とお相手のあら捜しばかりしていると、なかなかいい人とは出会えません。女性の多くは、100点から減点方式でお相手を見ています。減点方式ではなく0点から加点方式でお相手を見ることにより、また違った魅力を見つけることが出来るかもしれません。

 

2-4.頑固

仲人やカウンセラーがアドバイスしても、それを無視して自分の考えを押し通そうとする人ほど、結婚まで辿り着けない傾向があります。
自分の意見を押し通しても上手く行かないことが多いです。
仲人やカウンセラーを活用せずに、自分の考えだけで婚活をしたいならば、結婚相談所は向いていないのかもしれません。

 

2-5.モテる人

意外に感じるかもしれませんが、お見合いが組める人(モテる)ほど、結婚まで行くのが大変です。沢山の人と会えてしまうため、もっといい人がいるかもしれないという心理が働きます。沢山の人と会えることにより、1人に絞れなくなってしまう傾向があります。

 

3.まとめ

今回は「結婚できる人」「結婚できない人」の行動と考え方をお伝えしました。
婚活業界にいて一番感じるのが、相手からの誘ってもらうのを待つ」「お見合いを申し込まれるの待つ」待ちの姿勢の人が多いことです。

自分から積極的に行って断れたらどうしよう・・・と、断れるのが恐いのもよく分かりますし、自分が否定された気がしますよね。
しかし結婚相談所では、「断る」「断れる」ことは日常茶飯事です。考えすぎてしまうと気が持ちませんので、1つ1つ考え過ぎないことも婚活は大切です。

結婚相談所で結婚まで行くには、ある程度の開き直りと覚悟が必要です!
待っているだけでは、いい人と出会えません。
待つのではなく、積極的に行動できる人が婚活を制しますよ。



結婚の学校
婚活するなら良縁会の結婚相談所 婚活ブログ