結婚相談所でのデート!1回目でお断りされてしまう理由と解決方法

私が結婚相談所を始めて感じている事は、婚活に悩んでいる男性がとても多いという事です。

女性はお友達や職場の同僚など、身近な人に気軽に相談する一方で、男性はなかなか相談する相手がいない。

正確には、婚活以外のちょっとした悩みは相談出来るのだけど、お付き合いする女性の心理などは聞けない。

こんな事で悩む自分が女々しく感じたり複雑な男性心があるようです。

交友関係は広い男性でも、婚活の事に関しては一人で悩んでいるという現実を目の当たりにしました。

仮に相談する同性の友達は居ても、所詮それは同性の意見であって、異性の心理は分かりづらいかと思います。

そこで、今回は男性にスポットを当てて、結婚相談所においてお見合いはうまくいくのに何故か1回目のデートでお断りされてしまう男性の理由と解決方法について考えてみようと思います。

 

目次

理由1 会話が続かない

 ・解決方法

理由2 食事の食べ方が汚い

 ・解決方法

理由3と解決方法 お会計のシーンが悪印象

・まとめ

 

理由1 会話が続かない

お見合いでは、初対面のお二人が限られた時間の中で会話をするので、お相手の趣味や休日の過ごし方など質問する事は沢山あります。

ですが、お見合い後のデートではアドリブが利かずに沈黙が続いてしまい、それを察した女性がうまく話を振っても答える事で精一杯で、結局会話が受け身になってしまい、微妙な雰囲気のままデートが終了してしまう。

 

解決方法

お見合いの時にお相手の女性の趣味や好きな食べ物、興味のあるものを聞き、1回目のデートまでに事前に勉強しておきましょう。

例えば、映画を見る事が趣味の女性なら、過去話題になった映画を実際に見たり、キャストについて調べたり、今話題になっている映画を調べてみるのも良いかもしれません。

会話に共通点が見つかると、自然とお互いの距離が近くなるかと思います。

 

理由2 食事の食べ方が汚い

食事の食べ方が汚いのは、もっとも強い生理的嫌悪を生みやすいです。

意外と自分自身の食べ方について考えた事がない男性は多いのではないでしょうか。

お見合いの時は、お茶のみでしたが、デートでは食事がメインになるかと思います。

くちゃくちゃ音を立てて食べる、食べる時の姿勢が悪い、箸の持ち方、ご飯粒を汚く残す..など女性はしっかり見ています。

 

解決方法

口を閉じて姿勢よく食べる。箸の持ち方は、今一度ネットなどを見てご自身の現状と比較してみる。

ご飯粒は残さない。

日頃から意識する事で、だいぶ違ってくると思います。

 

理由3と解決方法 お会計のシーンが悪印象

お見合いでは男性がお茶代を払うのが一般的なマナーです。

でも、交際になってからはお金に関してはルールがありません。

私は男性会員さんには、交際後のデート代は男性が持った方がスマートだよと半ば強制的にお伝えしております。

もちろん、女性の中には毎回払ってもらうばかりでは気が引けるとの意見もあります。

何回かデートを重ねてお互い話し合った結果、デートの費用をどうするか決めるは良いとは思いますが、1回目のデートでは男性が必ず支払いましょう。

女性がお会計の際、支払う意志を見せてもお断りしてください。

くれぐれも、間違っても女性が出したお金は受け取ってはダメです。

女性の心理としては、男性にスマートにお支払していただけるのが理想です。

それはお金がもったいないからではなく、男性の人間性を見たいのです。

食事代だけで女性を失うと考えたら、すごくもったいないですよね。

 

まとめ

以上3点挙げましたが、その他にも待ち合わせに遅刻してしまった、事前にデートプランを考えていなくてお店を決めるのに時間がかかってしまった..

などというのも私が相談所を始めて実際に起こった出来事です。

男性から見たら、これくらい?と思えるような理由でも女性にとっては深刻で、お断りする理由に十分に値するのです。

 

この記事を書いた結婚相談所

ハーティウェディング

愛知県名古屋市中川区高畑2-334
tel.052-362-3812
運命のお相手を探すお手伝いを致します。一緒に幸せをつかみませんか?
どんなに小さな不安でも、お客様のお気持ちに寄り添い、1つ1つ丁寧にお客様と一緒に解決していけたらと思います。ありきたりな言葉ですが、常にお客様の立場に立ち、どのような対応をされたら嬉しいか、また通いたいと思える相談所になれるか、私なりに考え行動して参ります。
友だち追加