男性にとっては切実な悩み!婚活の初デートは割り勘派?奢る派?

初デートでの割り勘はNG!

e7f2e2680db7f8a8220897b2fe118465_sいきなり男性には頭の痛い話し!初デートでのワリカンついて。
まだお付き合いした訳じゃないのにおごるなんて・・・!
そう思う男性の気持ち分かりますよ。

初デートでのワリカン論争は、人によって考え方や価値観が違うので難しい内容です。
しかし結婚相談所での初デートで、ワリカンは命取りです!
そこで、お断りにつながらない初デートでの支払い方法や、ご馳走した時のチェックポイントなどをお伝えしたいと思います。

今回は、あくまでも結婚相談所での話になりますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

目次

1.ワリカンにすると一発でお断りになります

2.ワリカンにしてもいいケース

 ・2-1.断る場合

 ・2-2.女性がお金を出そうとした場合

3.男性も女性の行動を見ておこう!

4.いつまでデート代は奢ればいいの?

5.まとめ

 

1.ワリカンにすると一発でお断りになります

「おごって、それが当たり前になると嫌だから」
「まだお付き合いしてる訳ではない」
「相手の金銭感覚を見たい」
「完全におごることはしたくない。金づるになりたくない」
「最近は女性でも収入が多い」

男性側にも、言いたいことは沢山あると思います。

しかし、結婚相談所での初デートではワリカンはNGです。初デートでワリカンにしてしまうと、100%に近い確率でお断りされてしまいます。

初デートでワリカンにする男性=ケチな男性
婚活においては、この部分を認識しておく必要があります。

男性陣にとっては頭の痛いな話しですが、これが婚活の現状です。
だからこそ今後も交際を続けたい、断れたくない女性に対しては、ワリカンにしない方が無難です。

 

2.ワリカンにしてもいいケース

2-1.断る場合

断る、断られていいと思った女性ならば、ワリカンにしてもいいと思います。
但し、断るつもりのお相手とは言え、ワリカンにしてしまうと、あなたの評価が下がる可能性があることはお忘れなく!

 

2-2.女性がお金を出そうとした場合

女性が支払う意思を見せたとしても、受け取らない方がスマートですし、全額出そうとする姿勢自体に悪い印象を持つ女性はまずいません。
全額支払う姿勢が、2回目のデートにつながって来るのです。
例え、女性が支払う姿勢を見せて、断り切れずワリカンになってしまっても男性が多めに支払いましょう。
間違っても細かい金額まで、ワリカンにしてはいけません。

ワリカンにするつもりは無かったのに、女性に慣れていないせいでお金を受け取ってしまって、お断りにつながってしまうのは、とてももったいないです。
女性が支払う姿勢を見せても、なるべく受け取らない!

 

3.男性も女性の行動を見ておこう!

男性もご馳走するからには、女性のあるポイントを見ておきましょう。

それは、ご馳走した最後に「ご馳走様です」と、お礼を言う女性かどうかです。
奢ってもらって当たり前の態度をする女性ならば、結婚相手としてふさわしくない可能性があります。
今後も、お金を出し続けなければいけなくなってしまうかもしれません。

男性が初デートでワリカンにする=ケチ
と見られるのと同時に、「ご馳走様」とお礼を言ってくれる礼儀正しい女性かどうかを男性はチェックしておきましょう。

 

4.いつまでデート代は奢ればいいの?

結婚相談所での婚活では、2~3回目までのデート代は男性が支払うと良いでしょう。
仲が良くなって来てからも、気を抜いてはいけません!細かい金額までワリカンにしてしまうと、お断りにつながる可能性があります!
例え、真剣交際になっても、男性が少し多めに支払うぐらいの気持ちで!

 

5.まとめ

多くの女性は、婚活での初デートでは、出来れば男性に奢ってもらいたいと考えています。結婚相談所でのワリカンは、即お断りにつながってしまう行為です。女性は奢る=本気度を見ています。よっぽどのことが無い限りは、男性が支払いましょう。
いい印象を持たれたいお相手ならば尚更です。

正式にお付き合いすることになれば、お互い話し合ってワリカンにしてもいいと思いますが、正式な交際までは男性が支払いましょう。
それが2回目、3回目のデートにつながって行きます。