結婚相談所で交際期間3ヶ月で成婚できる人と出来ない人の違い

結婚相談所での活動はお見合い後、交際に入ると基本的に3ヵ月以内に決めるルールがあります。

遠距離交際などの場合は会う頻度にもよりますが、月に1回・2回のデートの場合は交際期間が3ヵ月では結論を出すことが難しいですが、交際後デートを何回もしているのに全く進展しない場合があります。

これは男女問わず特に口下手で無口な方、自分の気持ちが中々言えない人に多い傾向があります。

そんな方達は、ただデートをしているだけで結婚に向けたお話が全く出来ていないんですよね。

お見合いでは交際→真剣交際と段階を踏んでいきますが、特に真剣交際の場合は結婚前提としたお付き合いに入りますので、いよいよプロポーズ直前という時に、お互いの家族のことや、結婚観など全くお話しておらず、真剣交際に入っても更に時間が掛かってしまい結局何も話が詰めれていなかったといううことがあるんですよね。

 

目次

・主に結婚後の生活で話し合っておかなくてはいけないこと

・なぜ交際期間3ヵ月で決めるのか?

 ・3ヵ月で結婚を決めるのに大事なこと!

 ・結婚相談所で活動する意味

・実際3ヵ月でスムーズに結婚を決めるカップルの共通点

 ・メールなど毎日のやり取りが生活の一部になっている!

・3ヵ月で成婚するカップルの流れ

 

主に結婚後の生活で話し合っておかなくてはいけないこと

・結婚後の生活拠点(住まい)

・働き方(共働きかどうか)

・両親について(同居や介護が必要なのか)

・金銭面のこと(生活)

最低限このくらいは交際中にお互いにしっかりお話しておきたいことですね。

交際→真剣交際に入ってから一番怖いのがもし破談になってしまった場合、とっても時間の無駄になります。

皆さん婚活では半年~1年という期間でお相手を探しているのですから、時間もお金も無駄にしないように交際に入ってからはスムーズに進めていきたいですよね。

 

なぜ交際期間3ヵ月で決めるのか?

それは、恋愛から始まる交際の場合、結婚後の生活をイメージするために例えば(年収・家族構成・同居の有無・結婚相手に求める条件)などはとても聞きずらいお話なんですよね。

普通の交際ではお互いに結婚相手として意識したとしても、相手の詳しい情報を聞き出して、お互いに納得した形にするまでにはとても時間が掛かります。

お見合いはその点では全く違うスタンスになります。

最初にプロフィールを見て自分が納得した状態で会うので、お互いを知るには3ヵ月でもかなり多い時間となり、結婚を決めるまで短期間で進めることが出来ます。

 

3ヵ月で結婚を決めるのに大事なこと!

婚活は貴方の貴重な時間を使って活動しています。

結婚するかを中々決めることが出来ず、中途半端に交際が長引くようでは、お相手に対しても失礼になりますし結局結婚出来ず破綻してしまうこともあります。

3ヵ月で決めるというルールがあることで、結婚する意識がより固まり後押しにもなります。

これには相談所の選び方も重要になりますが、サポートが全くない状態で自分で何もかも進めなければならない相談所もあれば、お互いの気持ちをお聞きし上手に間に入ってくれる相談所と活動する場所によって全く変わりますので、結婚相談所の選び方とアドバイザーの相性も大事になります。(もちろんエンクピードでは間に入って進めていきますよ。)

 

結婚相談所で活動する意味

ダラダラした交際が目的ではありません。

結婚をするために活動しているのにダラダラした交際は時間がとても無駄になります。

ご縁に繋がらない恋愛で時間を使うのではなく、交際中は成婚し結婚するという目的を見失わないよう、相手を見極める期間ということで集中することが大切になります。

 

実際3ヵ月でスムーズに結婚を決めるカップルの共通点

メールなど毎日のやり取りが生活の一部になっている!

成婚するカップルの多くは、会えない時間もとても大切にしています。

だから気持ちのすれ違いもなく、コミュニケーションを密に取っているからこそ結婚生活のイメージも出来て早い段階で成婚することが出来るのです。

皆さんが交際に入ってから目指すこと!

それは相手の生活の一部になるということです。

成婚するカップルの大半は、メールや電話などとにかく毎日欠かさずやり取りをしています。交際初期の段階ではまずお互いなくてはならない存在に早い段階でなれるかが大事です!

実際にどんなやり取りかというと、

 

男性「おはようございます!今から出勤します(^-^)また仕事が終わったら連絡しま~す!」

女性「おはようございます(*^▽^*)私ももうすぐ出勤します!今日も1日頑張りましょうね。また連絡しますね♪」

男性「今お仕事が終わりました!これから家に帰ります☆〇〇さんはまだ仕事かな。お疲れさま~」

など、簡単なやり取りをしているんですが、コレ本当に大事です!!

 

何気ないメールのやり取りをすることで、お互いの生活リズムも分かるし、毎日のやり取りはまた会いたいなという気持ちを更に高めてくれます。

そもそもメールや電話などのやり取りが苦手な方は、交際初期でお断りされてしまうことも多いです。

お互いの生活スタイルが分からず、交際が進展すると思いますか?

お互いが1日何をしているのか分からない状態では、結婚のイメージも膨らみませんので、メールのやり取りがあまり出来ていない方は、関係を深めるためにもぜひ実践してみてくださいね。

特に交際初期の段階では、あなたのことを結婚相手として見極める大事な時期ですので、メールのやり取りでしたら気軽に出来ますし、二人の関係を発展させる大事なツールになります。

 

交際初期の段階で成婚まで進まないカップル

上手く交際が進められていないカップルは、業務連絡のようなメールしかしていないことが多いです。

例えば

「次いつ空いていますか?」

「まだ分からないです」

「ではまた分かったらメールください」

これではもう何のコミュニケーションも取れていないですよね。

次に会うまでの気持ちを確かめ合うのにも、普段の何気ないやり取りはとても大切にして頂きたいと思います。

交際初期の段階でメールのやり取りが上手くできているカップルはメールのやり取りもしながら、会えない時間も大切にしています。

だから成婚までトントン拍子に進んでいくんですよ。

 

3ヵ月で成婚するカップルの流れ

1.お見合い

2.交際(真剣交際に入る前の見極め期間)
連絡のやり取りも出来てほぼ毎週会える状態での交際2、3回デートをする

3.告白(恋人関係であることを認識するため)2、3回デートをする

4.真剣交際(この段階でプロフィール上には交際マークが付きます)
3~5回デートを重ね、お互いの結婚観や家族について少しづつ話をしていく。お互いに結婚を意識した話を詰めていくこの段階で親御さんの挨拶もしているカップルも多いです。
ちなみに私達もこの時点でお互いの両親に挨拶しました。

5.プロポーズ

6.成婚
成婚後にご両親に会う方もいます。結婚に向けて準備をしていきます。
プロポーズ後は式場を探したり、新居を決めたり二人で生活する準備を行いますので、成婚後はとても忙しくなります。

7.入籍
入籍までには数ヶ月から半年くらいかかる方、すぐに入籍をする方もいますので、みなさん様々ですが、結婚する準備期間を経て入籍します。

といった流れが3ヵ月以内に結婚を決める方のパターンに多いです。

成婚カップルは勢いもあるので、結婚するイメージもお互いに話ながら前向きに交際を楽しみながら進めています。

もちろん話し合いの中では、お互いに譲れない部分や気になることなど本音でぶつかることもありますが、お互いの結婚する意志が早い段階で決まっているのでお付き合いの段階で、お互いの絆がしっかり出来ています。

少々のことでは関係が破談することはありません。

今実際に交際している方で、いいなと思っている方と出会えているのでしたら、時間を無駄にしないよう、成婚までの流れをしっかりイメージしてスムーズに進めていくようにしてみてくださいね。

3ヵ月後に成婚できるのか、出来ないのかはあなた次第です!

交際をスムーズに進めるためにアドバイザーがしっかりサポートしますので一緒に頑張りましょう♪(#^.^#)

 

この記事を書いた結婚相談所

エンクピード

岐阜県恵那市
tel.090-5344-5529
皆さまの出会いを橋渡しするキューピットです。
婚活のお悩みを瞬時にキャッチ!お見合い結婚経験者の女性カウンセラーです。私自身も結婚相談所での活動を通じて主人と出会い結婚しました。本気でパートナーを見つけたい方は私にご相談ください!大きな一歩をエンクピードは全力で応援させて頂きます。
友だち追加