TOP >  結婚相談所運営サポート!スタッフブログ > 結婚相談所の集客に不安ならこれを読め!結婚相談所の集客ノウハウ!

結婚相談所の集客に不安ならこれを読め!結婚相談所の集客ノウハウ!

結婚相談所の集客は、どれだけ露出(認知)を増やせるか!

集客方法開業前にこんなこと思ってませんか?
集客は難しい・・・
集客が不安・・・

開業前は誰でも思いますよね。
何をするにも新規のお客さんを獲得するのは大変です。

集客は自分では無理だとお考えの方!そんなことはありません!
100名会員を獲得している結婚相談所でも、最初は皆さまと一緒で会員数0からスタートしています。
中には営業未経験から開業されている方もいます!

結婚相談所の集客のポイントは継続的に続けられたかどうか!
先人はこう言いました「ローマは一日してならず」
意味:ローマは一日にして成らずとは、大事業は長年の努力なしに成し遂げることはできないというたとえ。

意外にも結婚相談所の集客方法は、それ程多くありません。
自分に合った集客方法を選んで継続してやって行きましょう。

まずは集客方法を決める際に、考えて頂きたいことが「何を」、「誰に」、「どうやって」の3つです。

実際に先輩結婚相談所が、どの様に集客しているかをお伝えしたいと思います。
集客方法の一覧を知っただけでは、会員獲得にはつながりません。
どの集客スタイルを取り入れたとしても継続して行かなければ、会員獲得にはつながりません!

「継続は力なり」

 

目次

1.インターネット集客

 ・1-1.最新のブログ集客

 ・1-2.SNSを活用した集客方法

 ・1-3.LINE@を活用して見込み客リストの獲得

2.婚活パーティーからの集客

3.知り合いや会員からの紹介

4.フリーペーパー、タウンページ、新聞広告、折込広告での集客

5.ポスティング、チラシで集客

 ・5-1.見込み客の後追いも大切!

6.広告はPDCAサイクルの繰り返し

7.先輩結婚相談所の集客ステップ事例!

8.まとめ

 

1.インターネット集客

男性66.2% 女性54.2%の方が、インターネットでウェブサイトを見てから入会しています。

集客を考えた場合ウェブサイトは必須アイテムであり、集客においてウェブ戦略は外せない項目となることが分かると思います。

しかしを作ったからといって、問い合わせの電話がどんどん鳴ることはありません。
まずはウェブサイトを見てもらう作業が必要になります。

見てもらう=自社の事を「認知」してもらう。
「認知」されていない事は、自社の結婚相談所が存在していないのと変わりません。

認知されて始めて、問い合わせにつながります。
認知されるには、ウェブサイトにアクセスしてもらうことが重要です。

まずはアクセス(見てもらえる数)を増やしましょう。

ではどんなウェブサイトだと成果が出ているかとうと、
ブログを活用してウェブサイトに誘導をしていたり、googleやYahooで検索した場合、やはり検索上位に表示されるている様なサイトが、成果(問い合わせ)につながっています。

開業してすぐウェブサイトを活用してたくても、「結婚相談所 地名」で検索順位に表示させるのは大変です。ほぼ無理に等しい(汗)
開業当初からウェブサイトを活用したい場合は、ブログからウェブサイトへの誘導やチラシ、名刺を活用してウェブサイトへの誘導(アクセスアップ)をすることが現実的です。

広告予算に余裕があるならば、googleやYahooのインターネット広告を活用することで、アクセスアップが期待できます。
また検索上位に表示させることも可能になります。
【注意】インターネット広告をしても、必ず問い合わせにつながるとは限りません。

 

1-2.最新のブログ集客

結婚相談所の集客に、たくさん広告費を使う必要はありません。
インターネットの活用とお話しましたが、現実にはご自身のウェブサイトが検索上位に表示されるのは、大変な労力とお金が必要です。
インターネットを広告として活用する場合、露出と認知(知ってもらう)ことが重要になって来ます。
広告費を使わないで集客効果があるのがブログです。しかし、労力を掛けなければ問い合わせはつながりません。

ブログは何を書けばいいの?
だいたいの方が悩むのが記事の内容です。ブログを書いて行く上で、何よりも大切なのが「誰の為に書くのか」です。
その「誰」が為になる様な、情報を発信して行きましょう。

●ブログ集客のコツ●
1.ウェブサイトは必須
2.無料ブログサービスでも可能だが、できれば自社サイト内でブログを書いた方がいい。
3.キーワード(言葉)の選定
4.競合調査 選んだキーワード(言葉)で実際に検索してみる。
5.ブログの1記事ごとに、ペルソナ設定(誰に向かって書くのかを考える)
6.検索上位のサイトよりも、優れた情報を発信することに挑戦する。

無料ブログサービスを活用する場合、いつどのタイミングでブログサービスが無くなるとも限りません。
書いた記事を保存しておくと、例えブログサービスが突然、終了したとしても問題はありません。

ブログ記事の書き方のコツも、是非お読みください。
>ブログ集客やブログ記事の書き方のコツはこちら

 

1-2.SNSを活用した集客方法

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、facebook、LINE、twitterなどのことです。

SNSの活用はあまりお勧めしません。
理由はなぜかというと、まずはSNS(ソーシャルメディア)を活用した集客事例がほとんどないのと、
facebookの広告を活用したくても、結婚相談所の広告はfacebookの規約上、出せないからです。

しかしSNSを活用した事例も少ないながらもあります。
SNS(ソーシャルメディア)を活用した事例で、一番効果があったのがfacebook広告から婚活パーティーへの誘導です。

ただ誘導しただけでは、参加申し込みにつながりません。婚活パーティーの企画内容など、誘導先のコンテンツも充実させる必要があります。

SNSの現実的な活用方法としては、facebookページと個人アカウントの活用となります。
基本的にはfacebookなどSNSは無料サービスなので、広告費を掛けないで集客に活用できるメリットがあります。
広告費が掛からない分、時間と労力を使います。

●facebook個人アカウントからの主な集客の流れ
1.個人アカウントを開設 
2.知り合いとfacebook友達になる 
3.頻繁にfacebook友達とfacebook上で交流する 
4.仲良くなった人からの紹介

しかしfacebook上だけで交流しても紹介につながりにくいです。やはりリアルでも仲が良くなければ、紹介が発生しないと考えた方が良いでしょう。

●facebookページからの主な集客の流れ
1.facebookページを開設する 
2.facebookページに「いいね」をしてもらう 
3.facebookページで情報を発信する 
4.自社サイトへ誘導 
5.問い合わせ

SNSなどは拡散されやすいから集客に使えると聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、そんなに簡単には拡散されません。
拡散してもらう前に、ユーザーには2つの「いいね」ボタンを押してもらわなければいけません。
・facebookページへの「いいね」
・facebookページの投稿に対する「いいね」
特にfacebookページへ「いいね」を押してもらう行動はハードルがとても高く、数を獲得して行くのは、時間が掛かる作業となります。

 

1-3.LINE@を活用して見込み客リストの獲得

メールマガジンへの登録ではなく、LINE@に登録してもらい見込み客のリストを獲得して行く方法があります。
最近では、個人情報の観点から、メールマガジンへの登録を嫌がるケースもあり、登録までのハードルが高い傾向があります。
LINE@だからと言って、リストを獲得することは簡単ではありませんし、登録する人にとって何かメリットが無ければ、LINE@でも登録してくれません。
配信するコンテンツも大切になって来ます。

また流行っているからといってLINE@を始めるのは危険です。既存の事業と、どう結びつけて行くかが重要になって来ます。

 

2.婚活パーティーからの集客

結婚相談所が開催している婚活パーティー婚活パーティーの参加者を結婚相談所の入会へ誘導します。
婚活パーティーを活用して会員獲得をしている先輩相談所は多いです。

開業当初から自社で婚活パーティーを開催する場合は注意点があります。
「婚活パーティー当日に参加者同士が勝手にカップルになれてしまう」婚活パーティーの開催はNGです!

カップル(結果)になったかどうかは後日(結果)結婚相談所を通して伝えて下さい。

結果を結婚相談所が後日伝えることで
→ 参加者は結果が知りたい為、電話に出てくれる → カップルになれなかった参加者には面談を促すことが出来る。

また話しを聞いてくれる為、結婚相談所へのアプローチがしやすくなります。
【注意】面談を断った人にしつこい勧誘はNGです。誰しも興味がない事を売り込まれるのは嫌です。

でも婚活パーティーの集客はどうすればいいの?
30人、40人も集められないし・・・
安心して下さい!

婚活パーティーといっても、最近主流になっているのが少人数制(3対3)の合コンパーティーを開催することです。
メリットとして少人数の為、集客面での負担が軽減できます。

もう一つ少人数の婚活パーティーを開催することをお勧めする理由が、参加者は主催者と会話をしていないと、結婚相談所への入会にはつながらない傾向があります。

少人数ならば、主催者も参加者が少ないので、1人1人と会話することも出来ますし、婚活パーティー中や婚活パーティー後のサポートもしやすくなります。

婚活パーティーの集客に関しては、自社サイトやブログでの告知と、無料で婚活パーティーの案内を掲載できるサイトがありますので、無料サイトを活用して集客をすると良いでしょう。

婚活パーティー集客のコツも、是非お読み下さい。
婚活パーティー集客の集客方法はこちら
開業当初は婚活パーティーを開催しない!はこちら

 

3.知り合いや会員からの紹介

63aa86f6a7ffb4b65e7cc43960501681_s結婚相談所を続けていると成婚者を出すことが出来ます。
紹介で一番多いのが、成婚者からの紹介です。または成婚者の親御さんからの紹介になります。
成婚者からの紹介のコツは、会員1人1人に親身に対応することと、成婚してもらうことです。

結婚相談所は成婚して当たり前!
結婚相談所は出会えて当たり前!
これが消費者の心理です。ただ成婚しただけでは紹介につながりません。
成婚者から紹介をもらうには、会員1人1人に感動の体験を届けることです!

また知人や友人から紹介をしてもらうには、周りの人に結婚相談所を始めたことを積極的に伝えることが大切です。
営業や紹介を促すことが苦手な方は、結婚相談所を始めた熱い思いを周りの人に伝えましょう。

「どんな人達の悩みを解決したくて結婚相談所を始めたのか?」
思いに共感してくれる人が必ずいます。あなたの熱い思いに共感してくれた人が、紹介をしてくれます。

結婚相談所を始めた理由が「儲かりそうでだから」や「簡単そうだから」ではだめですよ~(汗)
これでは共感は生まれません。

紹介のコツは「感動」と「共感」がキーワードです。

ご自身がどんな時に「感動」するのか?「共感」するのか?を一度、考えてみると良いでしょう。
ご自身の体験を結婚相談所の紹介営業に活かしてみましょう。

口コミや紹介営業のコツも、是非お読み下さい。
先輩オーナーの口コミからの集客方法はこちら

 

4.フリーペーパー、タウンページ、新聞広告、折込広告での集客

地域のフリーペーパーやタウンページに掲載している結婚相談所も多いです。
フリーペーパーなどは他の結婚相談所も掲載している事が多い為、反応率は下がってしまう傾向があります。
一度、掲載しただけでは、反応がない為、継続的に掲載する必要があります。

タウンページも同じ様に、他の結婚相談所も掲載している事が多く反応率が下がる傾向もあります。
都市部では反応率が下がってしまいますが、結婚相談所が少ない地方などに掲載すると反応率が上がるそうです。

地方だと特に、親御さんからの問い合わせが増えると思いますが、当の本人は結婚に興味がないことが多い為、入会につなげるには結婚相談所の面談力も必要になります。

 

新聞に掲載するには審査があります。
特に結婚相談所の新聞掲載に関しては、審査がとても厳しく、会員数が少ない結婚相談所では審査に通りません。
新聞社によっては、50人ぐらいの会員数がないと掲載させてもらない場合もあります。

結婚相談所を始めたばかりの頃は、新聞社や広告代理店に知り合いなどがいない場合、集客ツールとしては考えない方がいいです。

 

5.ポスティング、チラシで集客

d45e1c7ec6bdde92434b33df849625c1_sチラシを活用して集客する場合、下記の点を注意しないと、お金をドブに捨てることになってしまいます。

本当にチラシがターゲットとしているお客様が見る媒体なのかどうか?
↑これはとても重要!

チラシの効果がなかなか出ない時に考えなくてはならないのが、

1.「広告媒体を間違えている」
あなたがお客様にしたいターゲットの人達が見てくれないと反応率も下がってしまいます。

2.「広告文が悪い」
1つの広告で結婚相談所への集客も婚活パーティーの集客も同時にするのはではなく、1つの広告に1商品をPRして下さい。

さらに広告効果を上げるのがオファー(特典)です。
オファー(特典)がない広告ならば、広告費を掛けて宣伝しない方がいいです!
オファー(特典)がない広告は、ほとんど効果がないと思って下さい。

 

あなたの広告を見る人は、
「巨大なナマケモノが長椅子に寝そべっていて、身体を少しでも動かすことが嫌でたまらず、電話もわずかに手の届かないところにある」
この様な人をイメージしてみて下さい。この人に、今すぐ電話をしないといけない!と思ってもらわなければいけません。
今すぐ動いてもらうには、期間限定のオファー(特典)が有効です。

もちろんオファーだけで人が動く訳ではありませんが、最低限オファーは必須だと思って下さい。

 

5-1.見込み客の後追いも大切!

せっかく反応があった後に陥る落とし穴が、「問い合わせはあったけど、入会しなかったから効果がない」と後追いをしないことです。
問い合わせして来た人を「入会しなかったからダメだ」と判断して、何もしないのはあなたが1万円札をトイレに流しているのと同じです。

全てのお客さんが「即断即決する」という概念を外しましょう。
問い合わせをして来た人は、完全に見込み客です。

せっかくの見込み客をその場限りで見切りをつけてしまってはもったいないです!
メールマガジン、ブログ、婚活パーティーへの誘導、ニュースレターの配信など、その後何かしらの媒体で見込み客との関係をつないで行く事が重要です。(見込み客を追いかける仕組み)

 

6.広告はPDCAサイクルの繰り返し

42414bfd39a1359395f0a394e7b3c1fb_sPDCAサイクルとは
Plan:計画を立てる
Do:実行する
Check:評価する
Action:改善する

P→D→C→Aときて、Aからまた次のPに戻る。広告はPDCAサイクルの繰り返しになります。
広告はこのサイクルを「クルクルと回し、継続的に改善していく」ことが大切です!

 

7.先輩結婚相談所の集客ステップ事例!

開業してからの集客方法をステップごとにご紹介します。
1年目と2年目では、集客方法も変わって来ますので、参考にして頂ければと思います。

7-1.開業1年目の目標会員数を10~15名に設定しましょう。

28d4a454210da9e6eef18812307d2225_s●集客方法●
1.知人・友人からの口コミ(紹介)
2.知人・友人を会員としてお世話する。
3.他の事業をしている場合、既存のお客様に投げかける。

●準備する物●
1.名刺
2.予算に余裕がある場合、ウェブサイト、チラシ、パンフレットを用意する。

開業1年目はインターネット集客を期待しない!インターネット経由での、お問い合わせがあった場合、ラッキーぐらいの感覚です。

それには理由があります。
ホームページやブログなどを集客につなげるには、誰かが特定のキーワード(言葉)で検索した時に、あなたのサイトが出てこないといけません。
検索に出てくる様になるまでに、6ヶ月~1年ぐらい掛かると思っておいた方が良いでしょう。
さらにウェブサイトやブログが、検索の上位に表示される様になるには、1~2年ぐらい掛けて対策していかないといけません。

1年目からインターネット集客のみに頼ってしまうと、まったく問い合わせが来ない状態になってしまう危険性があります。

 

7-2.開業2年目の目標会員数を20~30人に設定しましょう。

●集客方法●
1.ウェブサイトやブログ
2.地域のフリーペーパー
3.会員や親御さんからの紹介
4.知人からの紹介

ここで重要なのが、開業1年目からウェブサイトを作っておくことやブログを書いておくこです。
インターネット集客の努力は、開業2年目ぐらいから効果出てきます。
1年目の紹介誘導などを2年目も継続して行いましょう。

●準備する物●
1.ウェブサイト(可能であれば1年目から)
2.ブログ
無料でブログが出来るサービスもありますので、1年目から記事を書いて行きましょう。

ブログ記事をたくさん書いておくことによって、色々な検索キーワードで表示される様になります。
インターネット上での露出が増えることにより、集客につながって行きます。
インターネットから集客する為に開業1年目から、言い方は悪いですが種を蒔いておくことが大切です。

 

7-3.開業3年目の目標会員数は40~50名に設定しましょう。

この頃になると成婚者も何名か出てきます。成婚者からの紹介や成婚者の親御さんから紹介があります。
実際に先輩、結婚相談所では、会員や成婚者の紹介だけで集客が出来てしまっている結婚相談所もあります。

●集客方法●
1.成婚者や親御さんからの紹介
2.婚活パーティーの活用

結婚相談所業や集客にも慣れて来ます。無理に開催することはありませんが、婚活パーティーを開催して行くことにチャレンジしても良いでしょう。

 

8.まとめ

結婚相談所の開業当初は、広告費を多く使う必要はありません。結婚相談所の集客に重要なのは「継続」「熱意」「共感」「感動」です。
4つのキーワードを意識するとともに、お世話することになった会員1人1人とのご縁を大切に!
会員にとって頼れる人はあなたしかいません。会員1人1人に全力でお世話することが、集客にもつながって行きます!

 

毎日感謝されて収入を得る!

↓↓↓↓↓↓↓↓

『「ありがとう」と言われる仕事で起業してみませんか?』

資料請求 資料請求
女性にぴったり婚活カウンセラー募集中
結婚相談所運営をサポートします!スタッフブログ"
代理店募集

良縁会の婚活ビジネス

婚活ビジネス代理店[本部]開業

結婚相談所[支部]開業

人気記事ランキング

  1. お見合いでの服装。男性はスーツをカッコよく着こなせ! posted on 2015/10/29
  2. 【注意!】結婚相談所の開業・起業を失敗しやすい人の特徴 posted on 2016/05/20
  3. 先輩結婚相談所はこうやって集客している!婚活パーティーの集客方法 posted on 2016/03/22
  4. 結婚相談所にはいい人がいない!?結婚相談所に登録している男性の特徴を教えます。 posted on 2016/09/15
  5. 婚活ビジネスを起業・開業するなら今がチャンス! posted on 2016/08/18
クリックでお電話できます