TOP >  代理店インタビュー > 良縁システムで事業拡大

良縁システムで事業拡大

エナート 福田社長 2010年(平成22年)に良縁会システム代理店としてご契約後、新たな相談所17支部並びに会員数780名を抱え、良縁会システムをオリジナルブ ランドとして活用されています。

婚活ビジネスに参入されたきっかけ

ennert-1現在では昔に比べて家族の規模もだんだんと小さくなり、祖父母とは同居しない家庭も増えてきました。子供の数も昔に比べると一世帯当たりの 平均数は減っています。とはいっても家族は家族。やっぱり家族がいない独りっきりの人生ってさみしいことだと思います。

今の時代その小さな家族すら作るチャンスのない方たちがとても多くいらっしゃるのです。

結婚したいけど縁がない、恋人がほしいけど出会いがない、という方たちにとって少しでも異性と関わりを持つことができる、潤いある生活を提供して いこうと思い、 私はこのビジネスに入ってきました 。

良縁会システム代理店になったきっかけ

結婚相談所の多くは個人事業として営まれている方々が多く、当会も個人事業から始まっています。しかし当時は自社会員だけではお見合いを組むこともできず、パーティーを企画しても人が集まらない状況でした。その頃は会員様に対して、より多くの出会いを提供するためにはどうしたらいいのかと試行錯誤していた時期でもありました。

そんな時、ある結婚相談所のオーナーから良縁会のことを教えて頂きそれをきっかけに良縁会に加盟させて頂いたのです。加盟させていただいてからは今迄の悩みが一気に解消されました。各結婚相談所との情報の共有によりお見合いの数が 一気に増えました。それにより交際や成婚されていく会員様が急激に増えたのです。

一気に視野明るくなった感じでした。そんな中で今度は「良縁会システム代理店」のことを知り、私たちと同様に結婚相談所の開業をしてみたものの中々うまく運営できないオーナー様たちのお力になれっれば、 そしてそれがまわり回って当会員様への出会いに繋がればと思ったのです。

エナート様で大切にされていること

ennert-2当会の男性会員様の中にもいらっしゃるのですが、最近では自分をうまくアピールできない消極的な男性が増えていると思います。また、女性と関 わる機会が少なくてどのように接すればよいのか分からないという方も多くみられるようです。

当会では、少人数でのオリジナルの疑似コンパや疑似デートなどを体験してもらい、少しでも女性との関わりを持つことで自分自身をうまくアピール できるようになってもらうというサポートプランもあり、時にはお見合いからデートに至るまでの身だしなみから作法までを担当カウンセラーがレクチャーしています。彼女ができたときに慌てないでいいようなカリキュラムになっています。

一方、女性会員様にはお見合いにこだわらずイベントやパーティーなどにも積極的に出て頂き、色々な角度から男性との出会いをご提供しています。

最後に良縁会システムについて

東海地区、特に名古屋近郊においては、結婚相談所がシステム化し独自の文化が出来てきたのは良縁会システムがあったからに相違ないと思います。 良縁会19年の月日の中で多くの方(20000名以上)が成婚され、また、そこから何人のお子様が誕生していることか、と考えたらまさに少子高齢化の対策として大きな一助になっているのではないでしょうか。

クリックでお電話できます