TOP >  結婚相談所を開業した先輩仲人のインタビュー > アドバイザーという存在が会員の心の支えになる

アドバイザーという存在が会員の心の支えになる

アトラクティブ 矢内様

開業キーワード:人から喜ばれ感謝される仕事、セミナー講師、講座の開催

浜松を中心に婚活や魅力アップセミナーを数多く主催され、最近ではお見合い支援だけでなく開業経営コンサルタント業を行うほど婚活を通じて幅広く多くの方に喜ばれてみえる矢内様にようやくお会いすることが出来ました。

結婚相談所をはじめたきっかけを教えて下さい。

はい、起業する前はサラリーマンをしていたのですが、2009年の夏に勤めていた会社が事業を廃止することになり、私は42歳で失業者になりました。それで就職も考えたのですが、40を過ぎていましたし、リーマンショック後ということもあって条件に合いそうな就職先がなかったんですね。

「それなら起業しよう」と。ただ、起業するといっても、特に何をしたいとかいうのはなかったので、半年くらいかけて起業のための情報収集をしました。

そのとき、なにかのきっかけで「結婚相談所」になぜか関心をもったんですね。それで仕組みを調べている内に、元手もそんなにかからないし、自分一人でできるし、事務所を持つ必要もないしと、これといったリスクが見当たらないところがいいなと感じました。

それと、仕事としても、人と人との出会いを生み出し、結婚というハッピーな出来事のお手伝いなので、これは人から喜ばれる仕事だなと思い、そこにやりがいを感じました。

 

起業するにあたって、不安はありませんでしたか?

不安よりもファンを作ることに集中していました(笑) そのときは勤めていた会社もないし、「もうとにかくやるしかない」と。ただそれだけで、後がないので無我夢中でしたね。

でも、一方でなぜだかわからないんですけど、根拠のない自信のようなものがあって(笑)「上手くいかないわけがない」と常に自分を信じていました。

集客の入り口として、講座やセミナーを開催したのも功を奏していました。最初は結婚相談所を開業する前に、未婚者を対象にした「魅力アップ講座」や「コミュニケーション講座」「婚活セミナー」などを開催していたんです。

するとそれをきっかけに結婚相談所に関心を持つ人が増えてきて、そうした参加者が見込み客となり、会員化にも上手くつなげることができました。

 

良縁会に加盟した理由やよかったこと

私は2010年の8月に結婚相談所を開業したのですが、それから数ヶ月して良縁会という存在を知りました。きっかけは良縁会の方から「加盟しませんか?」とお誘いを受けたんですね。

それでお聞きしているうちに、特に中部圏、東海圏に圧倒的な会員数があることを知りました。ここに「加盟すれば良質なご縁が沢山生まれるはず」と確信し、迷うことなく加盟しました。

加盟後は確信したとおりで、沢山の良いご縁が生まれました。良縁会に加盟していなかったら、今日まで結婚相談所を続けていなかったと断言できます。
それくらい良縁会とは、人生を決定づけるほどの出会いとなりました。

 

結婚相談所運営の魅力をお聞かせください

この仕事の魅力はなんといっても「人から喜ばれ、感謝される仕事である」ことです。

今の時代、日常生活の中で、結婚のパートナーを見つけるのってとっても難しいんですよね。それは何よりも未婚の人たち自身が言葉をあわせたかのように言っています。

そんな中、結婚相談所を通じての出会いは、結婚の時期に対してや真剣度合いなどからもとても価値のある環境です。それと同時に結婚相談所の価値は、ネット婚活などと大きく異なる要素として、アドバイザーの役割なんですね。

自分一人では何かと行動や判断に戸惑うことも、アドバイザーという存在や関わりがあることで、行動に迷いがなくなったり、自分だけでは気づかない学びや発見などがあったり、心の支えになったり。それが良いパートナーを引き寄せるベースになっています。

他のどんな出会い方でも成し得なかった出会いが結婚相談所だと叶う。そう言い切れる価値が、この仕事にはあります。

  

今後の目標は?

とにかくご縁のあった人とのつながりを大切にして、一人でも多くの人が良縁につながるお手伝いができればと思っています。現在、私は良縁会の代理店としても運営をしていますので、自社のみならず、ご縁をいただいたコンサルタントをしている結婚相談所の皆さまとも蜜に連携を図り、掛け算的にどんどん良縁が広がっていくことを望んでいます。

今だから笑える話

沢山ありますよ(笑)

例えば、入会前の面談の際に、神妙な面持ちで「私、結婚できるでしょうか?」って。 そんな質問はよく受けるんですね。「自力でなんとか結婚しよう」と何年もがんばっていると自分に自信がもてない人が結構多いんです。

そんなとき、私がよくお話するのは「やってみるとわかりますよ。結婚できるかどうかで大事なことは、ご縁とタイミングですからね。
活動を始めたと思ったら、一人目や二人目のお見合いで意気投合して、あれよあれよという間に結婚が決まってしまう人もいますからね。

まずはやってみることですね」 そう話しても半信半疑で活動を始めたら、本当に数人程度のお見合いで結婚が決まってしまい、「矢内さんが言っていたのはこのことだったんですね(笑)」って。

自分が信じられない人が多いんですね。でも、やってみるとわかるんですよね(笑)


2018.8取材相談所:アトラクティブ
インタビュー:良縁会事務局

メールマガジン登録 メールマガジン登録
クリックでお電話できます